税理士と打ち合わせをしてきました。

 

会社設立後、電話では何度も話をしておりましたが、

数ヵ月ぶりに事務所で長々と打ち合わせをしてきました。

 

約2時間30分・・・

 

会社員時代は、6時間とか8時間といった長時間の商談経験もありますが、

久々ですと1時間過ぎる打ち合わせは疲れますね・・・

 

色々やるべきことが出てきました。

 

そして、ちょっとうれしかったのが、

給与明細

です。

 

僕は給与支払いの計算(社会保険の管理)も委託しておりますので、

給与明細を毎月発行してくれます。

 

一応、会社員時代の年収は超えておりますので、

少し感慨深いですが、その分稼がなくてはいけないので、

プレッシャーもありますね。

 

そして・・・僕の税理士さんの顧問報酬ですが、

●記帳は全て行ってくれます。(領収書とか銀行通帳のコピーを送るだけ)

●毎月給与明細を発行(社会保険を考慮した給与支払いを計算)

●決算時期は別途7万円

●相談は事務所へ伺って行う分には、基本OK。

●電話・メールでの相談はもちろんOK

 

まぁ一般的な内容は一通り抑えていると思います。

 

そして・・・・

 

毎月の費用は法人なのに15,000円切ります。

 

多分、かなり安いです。

 

僕はこの税理士事務所を探しだすのに、

5名強の税理士さんと面談し、

今の事務所に決定しました。

 

僕の知り合いの税理士費用ですが、

安い方で3万円、高い方で5万円を超えるケースもあります。

僕の場合は決算月は別途かかりますが、

それでも平均すると月2万円以下です。

 

これから税理士さんと顧問契約を結ぼうとされている方は、

見つけるのは大変ですが、今後に活きてきますので、

是非地元で最低5名以上の税理士さんと面談してください。

ネットと電話を活用すれば、地元でなくても構いませんが、

やはり直接会う機会も多いので、地元の方が望ましいです。

 

知り合いや友人にお願いするのは簡単ですが、

後から替え辛いので、

絶対にオススメしません。

 

その程度の労力は惜しまないように!

 

 

編集後記

最近忙しいです。

外注化をまったくしていないので、

仕事量が半端ないです。

ですが・・・限界以上まで自分1人でやってみて、

外注ではなく、従業員を雇うスタイルでいこうと思います。

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 会社設立, 起業, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :