アマゾン輸入 再度赤字商品を振り返ってみる 赤字商品の見直し

 

アマゾン輸入を実践し、3ヵ月半が経過しました。

過去の赤字商品を再度見直してみます。

 

ある程度定期的に見直しているのですが、

今回は徹底的に見直しました。

 

まず、前提条件としまして、セラーセントラルの在庫管理画面上に、

カート価格を表示させます。

※設定より。初期状態で表示されているかもしれませんが・・・

※最低価格比較の欄に、”商品と同一”にした方が中古等省けますので便利です。

 

 

過去の赤字商品を1点1点見直していきます。

調べる点としては、

◆現在のカート価格

◆現在の購入したサイトの価格

◆ヨーロッパアマゾンでの価格

◆ebayでの価格

◆amazon.comでの最安値

◆カート価格の変動履歴

 

上記内容を見直した上で、赤字ではなく、利益をしっかり

だせるという見通しが立った場合、再度の仕入れを行います。

 

特に初期の頃は、リサーチが不十分なため、

更に安く買えるケースを見過ごしていることが多々あります。

 

新規商品のリサーチに行き詰ったら、

過去の販売済み商品を調べ直すことで、

儲かる商品が見つかるかもしれませんよ。

 

 

追伸

 ヤフーのwifiです。

かなり安いと思うのですが、どうでしょう・・・

 

ヤフープレミアム会員限定です。

多分、プレミアム会員を増やす目的もあると思いますが、

輸入ビジネスをやっている方の多くは、

ヤフープレミアム会員かと思いますので、

検討してみてください。

 

3年目から1000円アップしちゃうみたいです・・・

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :