ラーメン二郎を事務所で再現してみるも・・・

大雪の降った次の日のこと。

アルバイトさんから連絡があり、

雪かきで腰を痛め、会社を休みたいとのこと・・・

 

このアルバイトさん1年半以上勤務しておりますが、

病欠でのお休みは過去1回だけです。

 

もちろん・・・快諾したのですが、

ふと思いました。

 

アルバイトが休み⇒終日誰ともしゃべらない

 

ということは、

にんにく臭くなっても良い(笑)

 

 

ここで、考えたのは、

A案 ラーメン二郎に食べに行く。

B案 二郎インスパイアに食べに行く。

C案 自作する。

 

まず、B案ですが、

残念ながら行きつけのインスパイアさんはお休みです。。。

ここは、美味しいにも関わらず、

そこまで混んでおらず、好きなんですけどね。。。

 

A案のラーメン二郎のお店ですが、

弊社の事務所から一番近い二郎は、

横浜の関内店です。

 

ご存じの方もいるかもしれませんが、

かなり行列します。。。

 

寒い中(雪の次の日)、並びたくはありません。

 

 

仕方ないので、

自作することにしました。

 

 

まず材料を買いに行きますが、

最寄りの微妙な食品スーパーなので、

理想の材料はありません。

さらにさらに・・・

雪の影響で、野菜が全然入荷しておらず、

長ネギやもやしですら売っておりません(泣)

 

 

でも与えられたパイでがんばりました。

 

買ってきた食材がこちら。

 

まずは、麺。

つけ麺用のものを使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にスペアリブ。

近所のスーパーに、

豚骨や豚の固まり肉や、背油などは売っておりません。

とりあえずこれで代用します。 

 

 

 

 

 

 

 

にんにく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラーメン用スープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もやしとか売っていなかったので、

代用品の野菜いためセット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社の事務所に置いてある調味料を使用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは野菜を茹でます。

会社なので、こんな小さいな鍋しかありません。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にスペアリブから

・肉

・骨

・脂身部分

を分けてみました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で茹でます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に煮えた肉を、

醤油・みりん・化学調味料・にんにく入りの

タレに漬け込みます。

(時間がないので、わずか10分のみ・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※しかも面倒なので、スーパーにおいてある無料のビニール袋に突っ込むだけ

 

にんにくを切り刻みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麺を茹でて、完成。

市販のタレと、肉に漬け込んだタレを

ぶち込んで、味の素をどっさり入れて、

家二郎ならぬ会社二郎の完成です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論:まずい!!!

 

 

まずい理由

・野菜が冷たい

先に野菜を茹でたので、冷え切ってました。

 

・麺が微妙

小さい鍋しかないため、麺を茹でるのがうまくいきません。

またザルがないので、うまく湯が切れておらず、

小麦独特の臭みが残ります・・・

 

 

もうリベンジすることはないでしょう・・・

素直に食べに行った方が良いですね。

 

 

ブログランキングに参加しております。

良かったら、ポチっとお願いします。

 

 

【編集後記】

僕のコンサル受講者さんの中には、

ラーメン店を経営している方もおります。

ぜひ美味しいラーメンのコツを伺いたいものです。

 

 

【お知らせ】

トータルPDF300ページ以上のプレゼント

・つちやじゅん独立起業物語

・輸入ビジネス失敗実例

・過去取り扱いアイテム例

 

そして・・・

4,980円で販売していた 貿易関連の大作教材

「ミリオングッズプランニング」

を加えた4種のレポートを無償で プレゼント

教材希望の方は、下記よりメルマガ登録ください。

土屋じゅんのメルマガへ登録する

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: その他   パーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :