キーワードリサーチとセラーリサーチ

アマゾン輸入のリサーチ方法はたくさんありますが、

大きく分けると2種類に分けれます。

 

セラーリサーチとキーワードリサーチです。

次点でレコメンドを活用したリサーチでしょうか。

 

 

そのセラーリサーチとキーワードリサーチですが、

多くの方がセラーリサーチを中心にリサーチしています。

 

間違ってはいないのですが・・・

 

そのやり方ですと、ヒットはあっても、

中々ホームラン級の商品は見つかりません。

 

 

例えば、こんな商品。

 

利益率30%以上

1個売って3000円以上の利益

月に5個~10個以上売れる

でも出品者は1名か2名・・・

そして欠品することも多い。

 

この場合、セラーリサーチをやる場合は、

上記のセラーに辿りつかないとその商品にぶつかりません。

そして、敢えて欠品等を起こすセラーも存在します。

 

欠品⇒リサーチされずらい。

 

出品⇒即売れる⇒欠品後再度仕入

このサイクルですと、販売時の機会ロスは大きいですが、

見た目上、あんまり売れていない+欠品期間が長いので、

リサーチの過程で見つけ辛いという特徴があります

 

ということで、敢えてあんまり売れていない風を装い、

新規参入者を防ぐ手法です。

 

 

ところが・・・

キーワードリサーチですと、

売れる商品であれば、

いつかその商品にぶつかる可能性が高いです。

 

なので・・・

リサーチの比率としては、

セラーリサーチ5割

キーワードリサーチ2割

その他のリサーチ3割

このくらいが僕としてはおススメです。

 

キーワードリサーチについては、

やればやるほど目が肥えてきます。

時間がかかる割には、

最初は中々見つかり辛いので、

諦めてしまいがちです。

 

でもお宝アイテムが眠っていることもあるかもしれません。

 

その他のリサーチに関しては、

先日、船原さんが紹介してましたが、

アメリカのアマゾンを参考にするのも良いですね。

 

リサーチ方法は他にもたくさんあります。

正解はないので、色々考えて試してみましょう!

 

 

 

 

ともぞうさんが1位になりましたね!

ともぞうさんも欧米輸入+専業の方ですね。

欧米輸入の方は少ないので、うれしいですね!

 

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 
編集後記

この前初めて海外発送の受注がありました。

(今まで気づかなかっただけかもしれませんが・・・)

そしたら、送り先はアメリカ在住の日本人の方でした。

 

ということで、たまには海外発送の注文もあるかもしれないので、

メディア系の海外発送の申請は行っておいた方が良いですね。

やり方は、FBA在庫画面の右上にリンクがありますので、

そちらから進めてみてください。

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :