アマゾン倉庫への発送運賃公開します

先月中旬にアマゾンパートナーキャリアの

無料サービスが終了しました。

 

そこで・・・

以前よりありましたCC便というサービスが、

超特価で一気に顧客拡大を狙いましたが、

集荷が停止し、次回は2月20日過ぎとのこと。

 

事情は不明ですが、

ぜひ安定的な運営を行ってもらいたいものですね。。。

 

 

ではでは、僕のオススメとしては、

ゆうパックや佐川急便と特約運賃の契約を結び、

特価で出荷すること。

 

ですが、昨今の情勢では

なかなか厳しいとの話も聞きます。。。

 

 

一応、僕の運賃体系について聞かれることも多いので、

一部資料を公開します。

 

ゆうパック

 

 

 

 

大体160サイズですと、

607円とか658円のケースが多いです。

 

 

次に佐川さんですが、

一番最初に持ってきた見積もり。

 

 

 

 

 

 

 

わかり辛いですが、

上から

60/80/100/140/160 サイズ

となってます。

一番多い140とか160が1160円、1360円ですと正直使えないです。

 

 

契約したはいいけれども使わなかったら、

更に安い価格を提示しました。

 

 

 

 

 

 

 

ゆうパックとそん色ないです。

140サイズを大阪や岐阜に送るのであれば、

佐川の方が安いですね。

 

 

パートナーキャリアの有料版ですと、

160サイズが大体1,111円。

ざっくり350円くらいの価格差があります。

 

メーカー直取をガンガンやっていて、

物量が多い人はちょっと考えた方がいいかもね。

 

 

 

なお・・・

僕の運送便会社とのお付き合いですが、

起業当初 ヤマト運輸を使用。

契約してぼちぼち安い価格で出荷してました。

 

しばらくして・・・

ゆうパックが営業に来ました!!!

 

そして、ヤマトの価格を一気に下回る見積もりで、

ゆうパックへ変更。

 

ちなみに・・・

うけるのが、普通にアマゾンの特商法みて、

アポなしで営業にきました(笑)

 

いやいやせめて電話しろよ~。

と思いましたが、いい機会なので契約しました笑

 

 

 

次に佐川急便ですが、

これも実は向こうからの熱心な営業があり、

契約を結んでおります。

 

配達の荷物が多かったからですけどね。。。

 

 

僕のコンサル受講者さんの中には、

僕よりも安く(160で500円台)契約している人も、

何人かおりますが、運賃は安い方が良いですよね。。。

 

 

エリアによって温度差がありますが、

タイミング次第では、

安く契約できないとも限りませんので、

かる~く、聞いてみるくらいならイイと思います。

 

本気で契約しちゃうと、

それを覆すのは面倒だと思いますので、

状況や雰囲気を確認するくらいの感覚で良いと思います。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しております。

良かったら、ポチっとお願いします。

 

 

【編集後記】

先日の皆既月食見ましたか???

とてもきれいでしたね!

 

僕は帰宅中に、コンサルクライアントさんからの情報で、

はじめて知りました。

 

家に帰って、妻に教えようと、寝ているところを起こすと、

何だかとても機嫌が悪く、全然起きてきません。

 

仕方ないので、1人で見ておりました。

 

次の日の朝、なんでもっときちんと起こさなかったの??

 

と激怒され、朝から気分は最悪でしたね。。。

 

起しても怒られる。

起さなくても怒られる。

 

どっちがよかったのか。。。

 

 

【お知らせ】

トータルPDF300ページ以上のプレゼント

・つちやじゅん独立起業物語

・輸入ビジネス失敗実例

・過去取り扱いアイテム例

 

そして・・・

4,980円で販売していた 貿易関連の大作教材

「ミリオングッズプランニング」

を加えた4種のレポートを無償で プレゼント

教材希望の方は、下記よりメルマガ登録ください。

土屋じゅんのメルマガへ登録する

 

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :