個人輸入 関税について

個人輸入の初心者にとって、

関税については、気になるところです。

わかりやすくまとめてみました。

 

個人輸入における関税は、

通常の輸入時にかかる関税とは異なります。

課税価格が1万円以下の場合は、

関税と消費税が必要ありません。

この場合は、そのまま商品を受け取ることができます。

2万円前後の場合でも、

税金がかからないこともあります。

これは、運に左右されます。

税金が万が一とられなかったら、

ラッキーと考えるようにしましょう。

また課税された場合でも、

簡易税率が適用されます。

(一部商品除く)

 

課税価格

税金が適用される場合の課税価格は、

商品本体価格と送料から算出。

課税価格=(商品価格×0.6)+送料

 

上記計算式から、商品価格16666円以下は

免除となることがわかります。

10000円÷60%=16666円

 

簡易税率=課税価格10万円以下の場合に適用される税率

 

簡易税率

 

※変動があるかもしれませんので、

 税関ホームページにて、

 詳細および上記記載以外品目について

 ご確認ください。

 

 

また小口輸入やコンテナ単位等の輸入ビジネスを行っていると、

関税の計算もシビアになります。

以前、直前まで関税を調べずに輸入してしまい、

詳細な原価計算をしたら、

低利益の商品となってしまったこともあります。

その時は、関税が当初の予定より5%程上がり、

仕入れ金額が12万円程上がってしまった・・・

確か250円程度の仕入れだったのですが、

15000個程仕入れたので。

 

 

オリジナル商品の輸入をやっている人は、

少ないと思いますが、

ブランケットとサンダル系は注意してください。

 

また特恵制度の恩恵を受けれる場合もあります。

※特恵について

特恵関税制度は、

開発途上国又は地域を原産地とする

特定の輸入品について、

一般の関税率よりも低い税率を適用して、

開発途上国又は地域の輸出所得の増大、

工業化の促進を図り、

経済発展を支援しようとするものです。

こちらも詳細は、税関HPに記載あります。

 

 

 個人で輸入する際気を付ける点は、

革製品が想像以上に高額な関税が

かかってしまうということだけ、

注意しておけば、

あまり気にする必要はないのかなと

思います。

海外のネット通販で、

靴が安かったので、

購入したら、関税がかかり、

全然安くなかったという話は、よく聞きます。

 

追伸

先日、沖縄旅行に行った際嫁が靴を免税店で買ってました。

確か28000円程。

一昨日、百貨店で値段を見たら、51000円程。

たまたまかもしれないですが、

靴は免税店が安いのかも。

 

 

 

ブログランキングに参加してます。

よかったら、クリックお願いします。

記事更新の励みになります。

人気ブログランキングへ

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 個人輸入ビジネス 初心者講座   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :