Amazon輸出への取り組み PART4 納品代行はここ使ってます

amazon輸出・・・少しずつ頑張ってます。

独学なんですが、結構キツイですね。。。

普通にお金払って学んだ方が早いと思います。

 

ただ・・・

僕自身がアマゾン輸出でやりたかったのは、

メーカー仕入れ→FBA販売です。

 

無在庫でも、

小売り仕入れでもありません。

 

上記の手法をきちんと教えてくれる人は、

あんまりいなかったので、

仕方ないので独学でやってます。

 

 

FBAでの販売なので、

FBA倉庫に送る必要があるのですが、

僕は自社からアメリカへ送るのではなく、

納品代行会社さんの国内倉庫を経由して送ってます。

 

自社(もしくはメーカー)→代行倉庫(国内)→海外

とこんな感じ。

 

 

以前はスピアネットを利用しておりましたが、

今使用しているのは、

グローバルブランドという会社です。

 

結構周りで使っている人が多かったので、

僕も利用している感じですね。

 

輸出に関してですが、

日本アマゾン同様に相変わらず利益率が高いです。

 

消費税の還付を考慮しないでも20%は維持しております。

 

多分・・・

アマゾン仕入れとか、

ネット系の問屋さんから仕入れている人よりも、

仕入価格が安いからでしょうね。。。

 

まだ2ヵ月程度しかやっておりませんが、

 

国内メーカー仕入れのアマゾン日本販売

国内メーカー仕入れのアマゾンアメリカ販売

 

この物販スタイルが、

正直最強におすすめです。

 

仕入先を1社開拓することで、

日本+アメリカと2つの可能性が開ける点が

いいっすよ。

 

 

で・・・

アカウントは別々でつくっておりますので、

一方がサスペンドされても紐づきません。

リスクヘッジにもなってます。

(まぁ嫌ですが・・)

 

 

今後の方向性としては、

新規商品登録が得意なので、

輸出においても、チャレンジしてみようと思ってます。

 

と言いますのも、

僕が国内で新規商品登録した商品が、

いい加減なページでアメリカで売れていたりしますので(笑)

 

だったら、僕がきちんと作れば、売れると思います。

 

この辺はまだまだこれからですが、

2018年年末に向けてがんばっていこと思います。

 

ただ・・

海外に大量の在庫を抱えておくのが怖いので、

機会ロスが発生してもいいから、

在庫リスクを極力少なくしていこうかなと思ってます。

 

年末に月利100万を輸出でも達成したいな。。。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しております。

良かったら、ポチっとお願いします。

 

 

【編集後記】

輸出の記事を書いていたら、

顔を知らないイチ読者さんから、

輸出に関する長文の注意事項をメールでいただきました。

 

独学でチャレンジしていると書いていたので、

心配してくれたようです!!!

 

大変ありがたいですね。

 

少しずつ着実に頑張っていこうと思います。

 

 

【お知らせ】

トータルPDF300ページ以上のプレゼント

・つちやじゅん独立起業物語

・輸入ビジネス失敗実例

・過去取り扱いアイテム例

 

そして・・・

4,980円で販売していた 貿易関連の大作教材

「ミリオングッズプランニング」

を加えた4種のレポートを無償で プレゼント

教材希望の方は、下記よりメルマガ登録ください。

土屋じゅんのメルマガへ登録する

 

 

 

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸出   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :