風疹予防接種 MRワクチンを受けてみた。

風疹の予防接種に行ってきました。

MRワクチンというやつですね。

 

今日は、輸入ビジネスに関係ありませんが、

世代的に関係する人も多いかと思いますので、

ご存じない方は、お早目に。

 

風疹が流行っているのは、知ってますか?

2013年の全国の患者数は3000人を超え、

去年同時期の「28倍以上」(2013年4月10日時点)です。

 

風疹くらいかかっても、

大したことないんでしょ?

 

僕もそう思ってました。

MRワクチンという単語すら、

知りませんでした。

 

ところが、どっこい。

赤ちゃんに障害が出る可能性があるみたいです(*_*)

 

風疹抗体価は、妊娠初期に検査される項目のひとつ。

 妊娠中の女性、とくに妊娠20週頃までの女性が

風疹ウイルスに感染すると、 赤ちゃんの目や耳、

心臓などに障害が出る可能性があるのです。

 

風疹を発症する人の約9割は成人で、

男性が女性の約4倍。

特に20~40代の男性に多く、女性は20代に多い。

 

これは、子どものときの予防接種の受け方も大きく影響してます。

34歳以上の男性では、定期接種として、

風疹の予防接種を受ける機会がこれまで1回もなかったことが、

影響しています。女性でも、

ある年齢層においては抗体を持っている人が少ないようです。

 

要注意世代

昭和54年4月2日から昭和62年10月1日までに生まれの男女

昭和54年4月1日以前に生まれた男性

且つ

・子供が欲しい人

 

は、早めに受けた方がいいと思います。

 

今、すごい予防接種を受けている人が多いみたいです。

僕も病院電話して、在庫切れで2件断られ、3件目で見つかりました。

 

急いだ方が良い点としては、

予防接種後、2ヵ月は妊娠してはいけないためです。

赤ちゃんが欲しいご夫婦や、ご結婚を予定されている方は、

早めに受けといた方がいいかと思います。

僕は、今すぐに子供が欲しいわけではありませんが、

第2子もいずれ欲しいので、受けに行きました。

 

自治体によっては、助成されるみたいですね。

※横浜市では、奥さんは3000円でしたが、

 僕は1万円でした・・・

 

 

かなり多くの人が受けているみたいですが、

こういった情報って皆さん知っているんですか?

 

僕は、奥さんに教わるまで全く知りませんでした。

 

興味を持たれた方は、是非専門的なサイトで

情報を調べて、お早目に病院に行ってみてください。

 

追伸

輸入ビジネスで一番嫌な仕事って何ですか?

僕は、大して利益が出ないであろう商品の

出品ページの作成です。

今日も3時間程やってました・・・

 

特に撮影が面倒くさいです。

 

撮影だけ、外注したいです。

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: その他   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :