輸入ビジネス 販売管理表について

輸入ビジネスを実践している人は、

販売管理表の作成が必須です。

 

呼び名は人それぞれですが、

商品の売上・原価等の様々な数字関係の一覧表です。

僕の場合、まだ試行錯誤中です。

↓ こちらは、参考にしました販売管理表です。

http://jun-tsuchiya.com/l8kx

 

無料なので、良かったら参考にしてみてください。

アマゾン輸入に向いてますが、ヤフオク用にも変更可能かと思います。

他にも参考にした管理表があるのですが、

URLが見つからないので(ー_ー)!!

発見したら、お伝えします。

 昔、どなたか忘れてしまいましたが、

1000円くらいで売っていましたね・・・

 

僕のバージョンもお見せできるレベルに達したら、

公開します。

もちろん、無料です。

 

エクセルがあまり詳しくないので、

使いづらいかもしれませんが・・・

 

尚、原価の計算方法について聞かれるケースがあります。

僕の場合ですが、

①商品仕入れ単価

②転送料金

③関税・消費税

を足したものが商品原価です。

①については、購入した時点でわかります。

②と③についてですが、僕の計算方法としては、

まず①を購入した時点で、想定転送料金・想定TAXを決めます。

計算方法は、重量と仕入れ価格を基にした消費税です。

関税については、消費税を気持ち高めにする程度で、

無視しちゃいます。

例えば、①が1kgで1000円だったとします。

想定転送料金として、1kg=600円。

想定消費税として、1000×60%×6%=36円。

合計636円ですが、大目にみますので650円もしくは700円が

商品原価に加わるという前提で考えておきます。

 

そして、商品が到着した際、正確な転送料金と税金が判明します。

全ての商品の想定した転送料金と税金を足して、

正確な転送料金と見比べます。

 

例えば、想定した金額(合算)=20000円。

実際の費用 18000円だった場合、

商品原価として、想定した料金に0.9を掛けます。

逆に実際の費用が30000円だった場合は、1.5を掛けます。

 

このやり方が正しいかどうかはわかりませんが、

参考にしてください。

 

転送料金等を商品点数で割ったり、

価格に基づいて割ったりする方もいると聞きます。

例)

商品10点仕入れ

転送料金+税金 8000円

商品1点につき800円仕入れを上乗せ。

 

僕のやり方の方がより正しい商品ごとに利益率がわかりますので、

少し面倒ですが、試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 追伸

3連休ですと、ブログのアクセスがガクっと落ちますね。

皆さんお出かけですかね?

最近、仕事ばかりです。

たまにはお出かけしたいもんです。

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: お役立ち情報, 個人輸入ビジネス 初心者講座, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :