情報発信 情報商材の作り方~僕流~

先日アマゾン輸入に関する教材を販売しました。

PDF440ページ 動画約90分のボリュームです。

 

僕は、

●教材の作成

●教材の販売方法

全て独学です(無料レポートからの勉強。そして1万円前後の低額な教材を買ったのみ)。

 

本当はきちんとした方から学べば、

もう少しクオリティーの高い販売ページになったかもしれませんが、

僕はホームページ自体も自分で作成しました。

※一部僕キャラのイラスト以外は全て自作。

 

 

人によってはこのようなコンテンツを作って売りたいという人がいるかもしれませんので、

僕の作成した手順をお伝えします。

 

 

 

その1

教材の概要を考える。

どのようなテーマの教材なのか?

方向性や書くべきことを大まかにまとめる。

 

その2

ホームページのレイアウトを作成する。

通常は商品が完成してからホームページを作るのかもしれませんが、

それだと商品を作っているうちに挫折してしまう可能性大です。

ホームページが6割~7割完成していると、

作らざるを得ない状況になりますので、

先にホームページをある程度まで作ってしまう方がオススメです。

その2とその3は、両方とも同時進行するとベターです。

 

その3

書くべき項目をエクセルにリスト化する。

僕の場合、100項目近くありました。

そして、項目ごとのおおよそのページ数を振っていきます。

例)新規登録方法 セラーセントラルの手順 10ページ

すると、全体の予定ページ数がわかります。

 

その4

項目に沿って、資料を作成していく。

この作業が一番時間がかかります。

僕も何度も止めようと思ったことやら・・・

本当は、夏には発売する予定だったのが、

結局10月までずれ込みました。

 

その5

資料が完成しましたら、

モニターの方へ資料を先行紹介し、

コメントを頂戴します。

同時進行で、特典の用意や、

ホームページの修正を行います。

 

その6

動画の製作。

僕は動画を撮るのが慣れていないので、

かなりの時間を消費しました・・・

慣れると楽ですが、

10分の動画を撮るのに、

10回以上やり直したりしました。

 

その7

ホームページの最終仕上げ

決済リンクの埋め込みやこまかな部分を修正します。

 

その8

発売開始!!!

発売開始についてですが、

いつのまにやら販売が開始されていて、あたふたとしてしまいました。

早速、営業の電話がかかってきて、初めて気づきました(笑)

 

 

 

こんな感じです。

 

僕の教材の良い所としては、

 

販売に際して、お金をかけておりません!!!

 

外部のデザイナーやマーケッター、広告費用等一切お金をかけておりません。

その分、教材自体をバカ高く売ってはおりません。

29,800円と聞くと、高いかもしれませんが、

僕としては、かなり安い価格での販売をしているつもりです。

 

 

もし、ご自身の手法が人と変わっていて、

そして、競合が増えても損益がそれほど損なわれないのであれば、

チャレンジしてみても良いかもしれません。

 

クリックお願いします(^o^)
 
 


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

 

編集後記

大学時代のバイトの友達と飲みました。

僕の大学の友人の多くは、サラリーマンですが、

現状に満足しているサラリーマンの方が多いですね。

※大手の会社の人が多いです。昨日飲んだ友人も日本最大手の玩具メーカー勤務。

起業したと言うと、凄いねと言われますが、大手の会社で出世する方が、

はるかに難しいと思うのは僕だけでしょうか・・・

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: その他, スキルアップ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :