年商10億 どの程度の規模!?

年商10億 この数字を目標として掲げてます。

では、どの程度の規模・収入になるのでしょうか?

少し想像してみます(^_^)v

 

 

前職でお付き合いのあった経営者さんたちは、

大体年商10億円~15億円の規模の会社が多かったです。

当時、色々お話しを伺いました。

その点も踏まえてみます。

 

まず、会社の規模を表すものの一つが従業員数です。

※一応、正社員とします。

従業員10名以下の会社もあれば、

30名程の会社もありました。

業務内容によって、変わってくると思います。

 

気になる経営者の収入ですが、

これは会社に利益を残すのか、自分で貰うのか、

その辺のメリット・デメリットは、正直わかりません。

1億円貰っている人もいると思いますし、

1000万円以下の人もいると思います。

税金のことは、稼げるようになってから悩みます(笑)

 

物販でどの程度の儲けになるか、

ざっくり計算してみます。

会社の利益としては、粗利が20%として2億円。

家賃・光熱費・通信費等の経費が、

月50万円。1年で600万円。(想像です・・) 

人件費が福利厚生含めて一人当たり年800万円。(想像です・・・)

800万円×20名+600万円=1億6600万円。

差引3300万円の利益。

消費税やら、法人税やらその他にも色々かかりますが、

とりあえずざっくりシュミレーションしてみました。

 

そこまで、儲けが良くないですね。

 

これは、物販ビジネスなら仕方ないかもしれませんが、

利益率が平均20%程度ですと、売上がかなりあったとしても、

めちゃくちゃ儲かるって感じではありません。

 

市場に出ている物を、右から左へ流すビジネスは、

継続して高利益率であることは、望めません。

為替やトレンドにより、一時的に利益率が高くなることは

あるかもしれませんが、永遠には続きません。

僕は、色々な仕組みを取り入れて、

売上の40%は、利益になるようなビジネスを構築したいと

考えております。

 

そして物販は、基本は在庫を抱えるビジネスです。

会社を経営していく上で、一番悩ませるところです。

過去、在庫過多により会社が傾いていくのを何度も目にしました・・・

全くの無在庫は、難しいですが、基本なスタンスとして、

在庫を抱えないビジネスは、成立します。

 

前職の会社においては、輸入がメイン業務なのに、

基本的には、在庫は抱えておりませんでした。

年商100億を超える規模です。

もちろん、当日出荷もできるように国内に商品出荷ができる

体制は構築しております。

 

この辺のポイント・手法に関しては、相当学びましたので、

僕も自分の経営においても、活かしていく予定です。 

 

もちろん、ネットショップをオープンし、

海外ブランドの商品を大量に登録し、

受注があってから、仕入れるといった方法とは全く異なります。

※かなり儲かるのは事実です。興味がある方は試してみてください。

 

利益率に関しても、100円の物に1000円の価値を与える

付加価値を付けることにより、高利益率を維持できる体制を考えてます。

 

 

ブログランキングに参加してます。

よかったら、クリックお願いします。

記事更新の励みになります。

人気ブログランキングへ

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 起業   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :