コンサル受講者さんの多くが失敗しがちな実例

僕のコンサルを受けるアマゾン輸入の初心者の方が、

失敗しがちな例について。

僕の失敗談よりも参考になると思いますので、

いくつかご紹介していきます。

 

 

その1 

出品制限がある商品を仕入てしまう

 

最近はコンサルの前にきちんと説明しますが、

昨年末~今年の初期のコンサル受講者さんに多かったケースです。

 

レゴとかバービーとかが代表的ですが、

最近ですとカーズやミニオンズなどのキャラクター商品。

 

カシオやソニーなどのメーカー商品も該当しますので、

商品を仕入れる前に、出品できるか否かのチェックは必須ですね。

 

 

その2 

中古商品のランキング変動を新品商品のランキング変動と見誤るケース

 

3ヵ月に1個~2個程度しか売れていない商品。

その変動を新品と推測していたが、実は中古商品が売れていると判明!

あまり売れない商品(メディア)などは中古の変動(セラー増減)もチェックしてみましょう。

 

 

その3 

現在価格しか見ていないで仕入れたところ・・・まったく売れないケース

 

現在のカート価格が5800円。仕入原価が込み込みで3800円。

2000円の利益だ! 

月に5個程度売れていて、現在FBAセラーは0名。

無在庫セラーしかいない。

やった!と思って仕入れてみたら、全然売れない。。。

 

よくよくモノレートでチェックしてみると、

月に5個売れたタイミングの価格をチェックすると、

カート価格が3800円でした。。。

 

なんてことはよくあります。

 

FBAセラーがいないときは特に要注意!

その価格で本当に売れているのか?

確認しましょう!

 

 

 

他にも色々ありますが、

パッと思いついたよくあるケース3例になります!

 

 

 

ケアレスミスは減らしましょう!!!

 

 

 

ブログランキングに参加してます!

ポチットね!

 

 

 

編集後記

昨日は長男の幼稚園の音楽祭的なイベントでした。

一生懸命やっている姿を見ると、

1年前に比べると成長したな・・・とジーンとしました。

 

平日開催だったので、パパさんは少なかったですが、

こういった時に、身軽に参加できるのは、

自営業の特権ですね。

 

 

 

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :