アマゾン輸入 海外直取交渉 卸編

アマゾン輸入 単純転売の次のステップとして、

海外メーカーや卸業者さんへ直接交渉する方も、

多いと思います。今日は卸バージョンの基礎的やり方です!

 

アプローチのやり方は色々ありますが、

あくまでも初心者向けのやり方をお伝えします。

 

まずは海外卸業者仕入れをやっているセラーさんを複数ピックアップします。

 

 

探し方ですが、下記の法則にあてはまるセラーを見つけます。

・同一有名メーカー(ブランド)の商品を何種類も扱っている

・1種あたりの在庫量が多い (10個以上)

 (もしくは購入制限を行っており、在庫個数を不透明にしている)

  ※これやっている時点で大量在庫は確定ですね。。。

 

具体的なメーカーさんは、避けておきます。

まぁ輸入やっている普通の人はわかりますよね????

 

 

また単純転売のセラーリスト構築時に、

上記のようなセラーさんを、

リスト作成時に備考欄などに記入しておきます。

すると、後々に直取交渉時をするステージになった際に、

結構役立ちます。

 

 

「あれ?このセラーって、

 妙にこのブランドの商品ばかり在庫たくさん持っている。

 アマゾンで買わないで、業者さんから仕入れているのかな???」

 

「う~ん、あまり儲かる商品はないけども、

 直接取引やるようになったら、参考になるかもしれないから、

 ストアIDチェックしておこうか!」

 

そして、備考欄に直取やっているかも?みたいなコメントを書いておきます。

 

こんなイメージ。

 

 

次にやることは、その有名メーカーのブランド商品を、

売っている海外のショップを調べます。

 

グーグル等で調べるのも良いですが、

海外のアマゾン(ヨーロッパも含む)で調べるのもおすすめです。

 

その海外アマゾンで売っているマケプレセラーさんを要チェック。

 

アマゾン経由でのアプローチはできないですが、

大抵、海外の規模の大きいセラーさんは、

アマゾンのストア名と実際のショップや企業名がリンクしております。

 

アマゾンのストア名をグーグルで検索し、

ヒットしたHPから、

「該当商品をロットで買うから安くして~」

的な交渉をしていく流れです。

 

 

ebayなどで品名検索し、評価の大きいストアへ交渉していくのも、

アリだと思います。

 

 

ちなみに・・・

僕の場合一番最初の直接取引は、

いつもebayで仕入れている商品があったのですが、

普通に向こうから、

10個買うなら・・・ドル

100個買うなら・・・ドル

みたいな感じで言ってきました。

 

 

 

なお・・・

ここまで書いてきて言うのも何ですが、

このやり方はあんまりおすすめしません。

 

多くのセラーさんが扱っているような、

有名ブランドの並行輸入品は、

利益率も悪く、売れるけども中々辛い戦いになります。

 

みんながやっている超有名ブランドではなく、

少し実践者が少ないようなブランドの方が良いかもしれません。

 

さきほどのセラーリストを基に、

色々儲かりそうなメーカーやブランドを探していきましょう。

 

なお!ヒントとして、

本当に上手なセラーさんは、

超有名メーカーさんの商品はやっていないケースも多いです。

 

交渉の文面ですが、

なるべく一律のテンプレートではなく、

商品に合わせた内容を書けると良いと思います。

 

 

ブログランキングに参加しております。

良かったら、ポチっとお願いします。

 

 

【編集後記】

海外の交渉のやり方ですが、

本当に千差万別です。

 

テンプレメールを数送る人もいれば、

熱意のある文章を送る人もおります。

FAXする人もいれば、

電話する人もおります。

 

まぁ思いつくやり方は全てやってみれば

いいんじゃないでしょうか。。。

 

 

 

 

【お知らせ】

トータルPDF300ページ以上のプレゼント

・つちやじゅん独立起業物語

・輸入ビジネス失敗実例

・過去取り扱いアイテム例

 

そして・・・

4,980円で販売していた 貿易関連の大作教材

「ミリオングッズプランニング」

を加えた4種のレポートを無償で プレゼント

教材希望の方は、下記よりメルマガ登録ください。

土屋じゅんのメルマガへ登録する

 

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :