アマゾン輸入実践記録 PART18 リサーチの流れ

アマゾン輸入でのリサーチについて、

簡単にですが、まとめてみました。

 リサーチの方法というよりは、

仕入決定に至るまでのプロセスです。

 

まず儲かりそうな商品を見つけます。

並行輸入というキーワードで検索したり、

輸入ビジネス実践者であろうセラーの商品をチェックしたりします。

 

初心者の方でも1時間もやっていると、

「お、儲かるかも!」

というような商品が発見できますね。

※1時間やって、儲かりそうな商品さえも見つけられない場合、

 やり方・視点がズレているケースがあります。

 

そして、詳しく儲かるかどうかを判断していきますが、

調べていくか否かの判断基準として、

仕入価格(海外での販売価格)=販売価格×60%以下であれば、

儲かる可能性が高いので、まず第1段階クリアーです。

詳しく調べていきます。

※もちろん、販売価格や大きさ等により、上記60という数字は変動します。

 あくまでも目安です。

 

 

 

次に、売れているか?もしくは、利益を取れるか?

どちらかを調べます。

ご意見が分かれるところですが、

僕は自信のない方から調べていきます。

 

例えば、ランキングが3000位だったとしたら、

たまたまかもしれませんが、売れているだろうと判断し、

先に価格差(利益)を調べます。

 

逆に、例えば、

5980円(カート価格)の商品が、37ドル(且つやや重たそう)

だった場合、価格差(利益)を先に調べます。

 

自信のない方から調べることで、

ダメだった場合の1手順を減らすことができます。

価格差なし⇒売れているかどうかは調べません。

売れていない⇒価格差あるかどうか調べません。

 

最後に、現在の仕入れ価格が適正かどうかを

camelcamelcamelで判断します。

(仕入元amazon.comの場合)

 

もし、たまたまピンポイントで安かった場合は、

1個の仕入れ予定だったのを、2個に変えたりします。

また通常価格より高った場合は、少し保留にし、

安くなるのを待ちます。

 

 また売れているけど、価格差が惜しいところで足りない商品なんかも、

camelcamelcamelで調べてみます。

安いタイミングであれば、儲かる!という商品は何気に多いはずです。

1工程増えてしまいますが、後々楽になりますので、

是非行ってみてください。

 

尚、売れているかどうかの判断基準においては、

FBA出品者の数と月に何個売れているかを基に判断します。

利益率や商品価格等踏まえた上で、決定します。

 

初心者の頃は売れていないけど、利益が取れる商品よりも、

売れているけど、利益が少ない商品の方が安全です。

後者の方が、赤字になるかもしれませんが、

そこまで大きなやけどはしないはずです。

 

以上参考にしてみてください。

 

追伸

最強の輸出入新年会

本日で申込み締切みたいです。

僕は、用事があっていけないのですが、輸入ビジネスをやっている方で、

首都圏在住の方は、是非行ってみてください。

教材・動画・レポート等のしゃべらない先生よりも、

実際に稼いでいる方のお話の中から、ヒントが得れたりすることが多いです。

今年は、上記新年会は無理ですが、積極的に懇親会に参加しようと思います。

参加するイベントはお伝えしますので、ご挨拶しましょう。

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: お役立ち情報, アマゾン輸入, アマゾン輸入実践記録, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :