アマゾン輸入初心者講座 PART12 商品の新規登録①

アマゾン輸入初心者講座ですが、久々更新です。

5月21日以来の更新です。

左のカテゴリーバーより、

アマゾン輸入初心者講座を選択してください。

過去記事を読めます。(PC限定)

 

基礎的な内容ですが、宜しかったら参考にしてください。

 

今日から不定期ではありますが、

また技術的なお話をさせていただきます。

 

なぜかと言いますと、最近抽象的な事柄ばかり書いており、

もう少し初心者目線のわかりやすい内容も書いていこうと

考えました。

 

久々のテーマとしては、新規商品登録を選びました。

 

長いので、何回かに分ける予定です。

 

まず新規商品登録の流れについてです。

「並行輸入品」前提にてすすめます。

 

新規商品登録の前に、

製品コード免除の申請を行います。

なぜ?上記申請を行う必要があるかと言いますと、

通常はどんな商品にもJANコード等の製品コードが付いております。

 

それを用いて、商品登録をすることは可能ですが、

アマゾンの規約上、「並行輸入品」に関しては、

製品コード免除の申請を行った上で登録するべきという規定に

なっております。

並行輸入商品が通常のJANコードで登録してしまったら、

正規品が登録できないですからね。

なので、JANコードが付いているけれど、

製品コードがないという前提で申請を行います。

 

また上記申請を行うことにより、

JANコードでアメリカアマゾン等の情報が共有されなく

なります。

若干ではございますが、参入者を減らす一つの方法にも

なりますので、面倒がらずにやっておいた方がメリットありますね。

 

以下手順です。

 

テクニカルサポートにお問い合わせ

在庫と商品情報

特定の商品の出品許可について

製品コード免除の許可申請・Amazonブランド登録申請

 

0904-0

上記の赤丸の部分です。

こちらから製品コード免除の申請を行います。

 

 

次回につきましても、近日中にブログ上にアップします。

 
ブログランキングに参加してます。
良かったら、クリックしてください。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入初心者講座   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :