個人事業主 開業届 神奈川県の場合

個人事業主開業を検討している方も多いと思います。

色々調べましたが、わかりやすいサイトが少なかったので、

まとめてみました。

※神奈川県在住のため、神奈川県バージョンです。

 

 

輸入ビジネスをやっている方は、

法人化している人も多いのでしょうか?

それとも個人事業主の開業届を提出し、

個人でやっておりますか?

僕は、もう少し利益が出るようになってから法人化

したいと考えてます。

 

これから、ビジネスを始める方は、

個人事業主からスタートする方が多いと思います。

 

難しくはありませんが、一度まとめてみます。

参考になれば幸いです。

 

尚、僕の住まいは神奈川県横浜市です。

東京都や大阪府の方は、必要書類が異なると

思いますので、ご注意ください。

 

必要書類

◆個人事業開業・休業・廃業届出書

◆青色申告承認申請書

僕は資産もなく、給与を支払う予定もなかったので、

この2種類の書類だけでした。

通常は、県税事務所に個人事業開始申告書を

提出する自治体が多いみたいですが、

神奈川県は必要ありません。

 

書き方

◆個人事業開業届出書

 ダウンロードはこちらのサイトから

 通常、国税庁のサイトからダウンロードしますが、

 神奈川県の場合、4枚綴りの用紙になっております。

 ・税務署用

 ・県税事務所用

 ・市町村用

 ・控え

 内容は、右上の記載が異なるだけで同一になります。

 面倒ですが、全てに記入します。

 国税庁の用紙の場合、1枚を記入しそれをコピーして、

 控えとして使用します。

 神奈川県の場合、4枚の中に控え用があります。

 そちらに記入し、ハンコを貰いますので、

 コピーは不要です。

 

 神奈川県個人事業主

納税地→事業所の場所。僕は住まいの住所を記入。

住所→同上

事業所→同上

屋号→お好きな屋号を決めてください。

   僕は適当にその日決めました。

事業の種類→HP制作、インターネット販売等々

ご自身の事業を書いてください。

開業年月日→開業日を記入。僕は開業前に提出しました。

開業の場合の青色申請年月日→同時に提出しましたので、

届出を提出した日時

後は、最後のところに自宅・事務所の契約状況を

記入するだけです。

同じ内容を残り3枚記入します。

 

次に所得税の青色申告承認申請書です。

これは、国税庁のサイトからダウンロードします。

国税庁HP

所得税の青色申告承認申請書

納税地→僕の場合は住所地に○をし、住所を記入。

職業→インターネット関連業、雑貨卸などなど。

1→住所を記入

2→事業所得

3・4・5→無

6→複式簿記

備付帳簿名→僕は総勘定元帳と仕訳帳。

 

以上を記入して、合計5枚の書類を提出します。

ハンコを押して、完了です。

 

 

尚、ある程度売り上げが上がってくると、

やはり税理士に相談した方が安心できます。

 

税理士無料紹介センター【全国対応】

 

無料で紹介してくれるサイトです。

活用してみてください。

 

追伸

今年は個人事業主でがんばりますが、

来年こそは法人成りしたいです。

夜、賃貸事務所のサイトを見ては、

モチベーションを上げてます(笑)

 

大体どのくらいの事務所が適当なんだろう・・・

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: お役立ち情報, 起業   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :