PSEマーク 電気用品安全法について コーナン商事の偽装

先日ニュースでやっておりましたが、

ホームセンター大手の「コーナン商事」がPSEマークを

検査をせずに表示していた疑いがあるとのことです。

 

PSEマークというのは、

メーカーや輸入業者が国の定めた技術基準に適合しているか自主検査し、

PSEマークを電気製品に表示しなければ販売できないと電気用品安全法にて

定められております。

 

電池製品というよりは、

コンセントを使う電気製品があたります。

 

この検査が結構面倒&高額です。

 

僕も雑貨を開発輸入していたので、

コンセントを利用する商品を検討する機会も多々ありましたが、

●時間がかかる(確か半年以上)

●費用もかかる(確か30万円以上)

その他にも、各種書類が必要になりますので、

結構手間暇かかります。

 

正直、売れるかどうかわからない製品に上記のような

投資をするのはややリスキーなので、

いつも対象商品はボツってましたね。

 

それで、本題ですが、

僕たちも対象商品を結構輸入しております。

 

今は、さほど問題視されておりませんが、

今後厳しくなりますと、

PSEマーク対象商品が取扱いできなくなる可能性もゼロではないです。

 

もし、在庫を大量に抱えていたら、かなりブルーです・・・

 

 

リスクがあることを知っていてやる人と、

リスクであることすら知らない人がおりますが、

せめて何がリスクであるかだけでも知っておきましょう。

 

追伸

近日中にメルマガ読者向けに、輸入ビジネスに関する法律のレポートを公開します。

予定では、4月27日~29日。

是非、メルマガご登録しておいてください。

メルマガ登録

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :