FBA納品代行会社を使わない理由

アマゾン輸入を実践しておりますと、

多くの人が納品代行会社を使用して、FBA納品を行っております。

僕も問い合わせをしたり、話を聞いたことはありますが、

実際に稼働レベルで使用したことはございません。

理由の一つとして、昨日あった出来事をお伝えします。

 

とある商品ですが、日本のアマゾンで12,000円少々の価格。

アメリカのアマゾンですと、50ドル程でした。

そこまで売れていない(月3個程度)ものの、FBA出品者が1名だけで、

他は皆さん無在庫出品です。

これは美味しいかなと思い、2個購入しました。

(日本のアマゾンとアメリカのアマゾンのASINも型番も同じ。

 使用している写真がちょっと違うが、角度の問題かな?)

 

そして、到着し、2個FBA納品しました。

アメリカのアマゾンが5ドル程安くなっていたので、

再度そこで3個追加しました。

日本のアマゾンにおいては、もう少し高くなると予想していたので、

高値据え置きです。(そのため、先に納品した2個もまだ売れてません)

 

昨日追加の3個が到着しました。

前回同様の商品です。

 

ですが、よく調べてみました。

(何か不安になったので・・・)

 

そしたら、

日本のアマゾンとアメリカのアマゾンで

ASINも一緒、型番も一緒なのに、

全く違う商品でした(-_-;)

 

おいおい・・・

(おそらく、アメリカの出品者が間違えたか日本のページ作成者が間違えたか・・・)

 

僕がややショックを受けている理由として、

一番最初に仕入れた段階で気づけよ!っていう話です。

 

追加してしまいました・・・

 

しかも、同一商品がないか調べてみると、

日本のアマゾンでは、無在庫のやる気のなさそうなページが二つ。

アメリカのアマゾンでは、20ドル程で売られているページがありました(*_*)

 

返品するか迷いましたが、

折角なのできちんとしたページを作り、売ってみます。

 

ヤフオクで出品しようと思いましたが、

3000円程で落札されてました。

ヤフオクで買えば一番安いですね・・・

 

 

何が言いたいかといいますと、

この場合、間違った商品かどうかは納品代行会社では多分わかりません。

そして、お客さんからのクレームにて初めて判明します。

お客さんによっては、面倒臭がり、何も言ってこないかもしれません。

 

このような異なる商品が届くケースが結構多いです。

今回は、FBA出品者からの購入でしたが、amazon.comが売っていても、

違う商品だったことが過去何度もありました。

 

確かに、僕からすると、数百個の内の1個かもしれません。

ですが、購入したお客さんからすると、その1個が全てです。

そんないい加減な状態で、仕事に取り組みたくないなと思い、

自分で地道に検品し、FBA納品しています。

 

多分、非効率的ですけどね。

 

理想としては、自社でアルバイト等を雇い、

教育した上で、行ってもらうのが理想です。

まだそこまでのステージには行ってませんので、

頑張らくなくては!

 

割り切って、納品代行会社を使うかもしれないですが、

基本リピート商品限定+国内卸の商品に限定予定です。

どうしても、見たこともない商品を販売するのは、

躊躇してしまいます。

 

物販って、基本泥臭いビジネスだと思います。

 

追伸

明日14日はオフ会です。

席だけ予約なので、ご希望者はまだ若干名間に合います。

12月13日 16時が人数変更のリミットです。

横浜の関内で19時開始です。

http://jun-tsuchiya.com/toiawase

 ※あんまり急には増やせないと思いますので、

 先着2名です。

 

ご希望者は、上記よりご連絡ください。

 

追伸2

もしかしたら、日本の出品者が故意に他商品を仕入れさせるために、

型番・ASIN等を操作しているのか!?

型番は可能ですが、ASINはどうなんだろう???

故意に作成できるのかな?

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :