amazon JAN検索のエクセルシートが結構便利

アマゾンのMWSツールの一つ 商品検索シートってご存知ですか?

結構便利なので、まだ使用していない方はお試しください。

 

アマゾンの出品大学

ツールで運用を効率化しよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調べられることとしては、

JANコード

ASINコード

キーワード

から既存カタログ情報を検索できます。

 

 

僕がよく使うのは、

JANからアマゾン既存商品の情報を調べる際に使います。

 

MWS自体はツールを使っている人であれば、

ご存じだと思いますが、

結構この検索シートの存在を知らない方も多いようなので、

良かったらお試しください。

 

欧米輸入の単純転売だと、

あんまり使わないかな。

 

 

ブログランキングに参加しております。

良かったら、ポチっとお願いします。

 

 

【編集後記】

アマゾンのセラーセントラル経由の営業メールと言うか、

スパムメールがかなりうざい・・・

普通に考えて、申し込むわけないのに・・・

 

とはいえ・・・

僕が楽天へ申し込んだのは、

アマゾン登録のTELへ、

楽天より営業電話があったからなんですけどね。。。

2013年頃から電話はあったな。。。

 

【お知らせ】

トータルPDF300ページ以上のプレゼント

・つちやじゅん独立起業物語

・輸入ビジネス失敗実例

・過去取り扱いアイテム例

 

そして・・・

4,980円で販売していた 貿易関連の大作教材

「ミリオングッズプランニング」

を加えた4種のレポートを無償で プレゼント

教材希望の方は、下記よりメルマガ登録ください。

土屋じゅんのメルマガへ登録する

 

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 国内取引, 輸入ビジネス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :