Amazon カートボックス獲得率の変更が与える影響 実は超重要!

先日アマゾンのカートボックス獲得率が、

どうやら今年よりアルゴリズムが変わったようだと

記事にしました。

 

先日の記事

アマゾンのカート獲得率のアルゴリズムは変わったのか?バグなのか?

 

「ふ~ん」

 

と大して気にも留めないあなた!!!!

 

 

めちゃくちゃ重要ですよ~!!!!

 

 

最近もセラーフォーラムで話題になってますね。

 

僕が実際にあった事例ですが、

こんな商品がありました。

 

商品A カート獲得セラー Zさん FBA  4000円

その他セラーには、

3700円のFBAセラー2名

3800円のFBAセラー2名

3900円+ポイント78のFBAセラー 1名

 

でも・・・Zさんが圧倒的に独占している感じです。

在庫の増減をチェックしていてもZさんだけ、

どんどん売れていきます。

 

ここで、Zさんが、評価の件数やパーセンテージ、

在庫の保持数等が他より多かったらわかります。

 

ところが、問題なのは、

特にZさんが評価や在庫数が飛びぬけて良いセラーではないのに、

カートをなぜか?独占できちゃっていることです。

 

そこで・・・

上記の例でいくと、

3700円のセラーが更に値引きをして、

3500円とかにすると、

カートを何とか奪い返せる・・・

こんな感じです。

 

価格差2%離れれば、カート獲得圏内と言われてますが、

商品によってはその論理が通用しないようです。

 

 

今まではのカート獲得率に対して、勝手に推測していたルール

・FBA(出荷までの時間)

・評価

・実績

・パフォーマンス

・ポイント

・価格

等がありました。

でも確実ここ1ヵ月半で、何か他の要素が入っている気がします・・・・

 

もしくは、バグ?!

 

 

僕の率直な感想としては・・・

 

皆で仲良く足並みそろえて同一価格で販売すること

 

これが徐々に厳しくなってきている気がします。

 

この流れがこのままいくのか?

それとも一時的なものなのか?

これはわかりません。

 

もし!!!

 

この流れがこのままいった場合、

一番まずいアマゾン輸入での稼ぎ方は、

・直接取引で人気商品を安く仕入れている人

・普通に相乗り商品しか扱っていない人

 

です。

 

カートが順番に回ってくることを前提とした

談合的な商品を扱っている人は要注意!

(みんな足並み揃えて同じ価格でずうっと売っているような商品)

 

ではおすすめの対策としては、

・出品者が少ない参入障壁のある商品を取り扱う

・仕入先が単純なアマゾンではない。

・食品衛生法に抵触する商品(食品等輸入届出の提出が必要)

・出品者が少ない商品を直取りで扱う

・新規商品を販売する

 

要は・・・・カート取得率に依存しない商品を取り扱うことがオススメです。

 

もちろん一時的なものかもしれないですが・・・

 

ただ・・・

輸入よりもせどりの方がダメージ甚大ですね。

 

僕の勝手な感想としては、

昨今のプレ値しやすい販売価格に対して、

アマゾンがテコ入れしているのかな?と・・・勝手な推測を考えてます。

 

 

まぁアマゾンではバグもエラーも多々あります。

今回のケースもそうだと良いのですが、

僕は戦略的な匂いを感じます。

 

 

 

 

クリックお願いします。

 

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

編集後記
 
昨日は6時に起きて、6時20分に家を出て、

7時から事務所で仕事をしてました。

やっぱり早朝から仕事に取り組むと、

1日の業務量がかなり多いですね!

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :