返品よりも売ってしまう方が良いケースもあります。

この前注文した商品とは別の商品が届きました。

普通にラベルの貼り間違えです。

 

型番の異なる商品が届きました。

こんな感じです。

注文した商品

A 仕入れ60ドル 日本アマゾンカート価格9800円

売れている商品

 

届いた商品

B 仕入れ50ドル 日本アマゾンカート価格(ここ数ヵ月欠品)

欠品中なので、売れているか不明・・・

 

10ドルほど安い商品が届いたので、この時点で損です。

 

アメリカアマゾンからの購入なので、

返品については問題ありません。

 

返せば、プラスマイナスゼロです。

 

ですが、

原価+返品送料は返金されますが、

転送料金と関税・消費税は損となります。

 

なので、

出品してみました。

相場の価格もよくわからないので、

とりあえず15%の利益率で売ってみました。

2ヵ月経って、売れなかったら

ヤフオクで売ろう・・・と思ってました。

 

 

そしたら、

出品後即日売れました。

 

 

思いもかけず、利益がでました。

 

そして、儲かる商品が見つかりました(笑)

 

 

日本で売れていなくても、

アメリカでそこそこ人気がある商品であれば、

売れる可能性は秘めてます。

 

ややリスクが高いですが、

売れていない理由が、

●出品者が無在庫

●欠品中

●価格が相場とかけ離れている

こんな時は、適正な価格でFBAで売れば、

売れるかもしれません。

 

全ての商品でトライするのは、リスキーですが、

得意なブランドやカテゴリーで試してみてください。

 

新規商品の売れ筋を発掘するよりは簡単です。
ブログランキングに参加してます。
良かったら、クリックしてください。


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 輸入ビジネス   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :