輸出入ビジネス以外のネット物販について

輸入・輸出ビジネス以外のネット物販について、

色々模索中です。

せどりではありません。

いわゆる卸仕入です。

 

卸契約を結び、商品を仕入れることは多少行動力があれば、

そんなに難しくはありません。

 

問題は、売れるかどうかです。目利きが大切です。

 

売り先は、僕のような個人レベルでは、プラットフォームを利用した販売になります。

とりあえず、アマゾンかヤフオクですね。

 

アマゾンに関してですが、並行輸入ではなく、正規品の方が当然取扱い量は大きいです。

日用雑貨や家庭用品に関してですが、ヤフオクで買う人はあまりおりません。

ですが、アマゾンで買う人は結構多いです。

そして、国内のメーカーで、アマゾンに商品を出品していないメーカーは多数おります。

 

なので、僕の今後の戦略としては、

輸入以外にも国内卸を強化していきたいなと思います。

主なルートはアマゾンですね。

 

そして、ヤフオクの出品手数料が無料になりました。

従来のストアのように、数百点の出品も可能です。

アマゾンのマルチチャネルを最大限活用すれば、

可能かと思います。

日用雑貨や家庭用品はあまり売れるイメージがありませんが、

ヤフオクも少し変化していくかもしれませんので、

ちょっとずつ探っていきたいなと思います。

 

 

 

うまく行きましたら、レポートにまとめますので、

ご期待ください。

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: お役立ち情報, スキルアップ, 副業   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :