輸入ビジネス 儲かる商品

輸入ビジネスに関する情報を発信しておりますと、

儲かる商品はどういった商品ですか?という

率直なご質問を頂くことがあります。

輸入ビジネスで儲かる商品は・・・

 

色々なご意見があると思いますが、

僕は「大きくて・壊れやすくて・高い物」が儲かりやすい商品かと思います。

仕入れやすい商品、扱いやすい商品ではありません。

あくまで、儲かるという視点でのお話しです。

 

当然、「軽くて・小さくて・安い物」が購入しやすいですし、

転送料金も安いです。

ですが、それは他の方にとっても同じことが当て嵌まります。

 

儲かりやすい=他の方がマネをしにくい商品

つまり、上記点が該当します。

その為には、リスクを負って商品を仕入れる、

確実に破損のない状態で輸入する方法を見つける、

でかくても安い転送会社もしくは輸入方法を見つけるといった、

誰でもすぐ真似できるわけではないことが必要かもしれません。

 

多くの輸入ビジネス実践者は、大量の商品をリサーチしてます。

その過程で儲かる可能性がある商品を見つけたとしても、

・でかい

・壊れやすい

・価格が高く、少し仕入れるのが怖い

というデメリットな要因があればあるほど、

仕入に躊躇します。

 

ですが、逆にそういった商品ほど、他の競合が集まりにくく、

儲かりやすい商品とも言えます。

 

むしろ、amazon.com等で、一気に安くなった商品。

そして、その安い価格が一時的ではなく、2週間以上の長きにわたり、

ずう~と安い価格の商品なんかは、一時は儲かるかもしれませんが、

amazon.comの安い価格を見つけた競合が一気に押し寄せます。

その場合、FBA出品者の数・実際に売れる個数にもよりますが、

数ヵ月赤字価格のままの可能性もございます。

上記のような商品の方がよほどリスクがあると思います。

 

まとめますと、

人がいやがる商品ほど、儲かる商品の可能性が高いです。

ちょっと仕入れるの嫌だなという認識を持った商品ほど、

儲かる可能性が高いです。

(意味をはき違えないでくださいね)

どの点が嫌なのか?を再度考え直して見てください。

 

追伸

短期間の半日コンサルを今度実施します。

3時間 2万円で受けました。

1日も必要ない&でもポイントだけ教わりたいという方に最適です。

例えば、食品衛生法対象商品の輸入届の提出方法、リサーチの実践、

国内卸ビジネスの手法、OEM商品のプランニング方法、等々の

テーマを絞ったコンサルが可能です。

但し、短時間コンサルのため、移動距離が長いケースはお断りさせて

頂いております。横浜を基点として1時間以内が理想です。

ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 輸入ビジネス   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :