輸入ビジネス~直接売ることについて~

今多くの方がアマゾンを中心としたネットにて

並行輸入品を販売しております。

今僕が考えていることは、

リアルに営業して、販売できないか?ということです。

 

前職は雑貨関係の商社(メーカー)で開発職に従事して

おりましたが、開発部門の前は営業職を7年程経験しました。

 

アポなしでの飛び込み営業や新規電話営業は当然たくさん

行いました。

 

例えば、旅行代理店向けに旅行関係のアイテム(並行輸入品)の

チラシを作成し、配布する等の行動です。

 

おしゃれな本屋さんに変わったアメリカの本立てを卸す、

ペットショップに国内未発売のアメリカやヨーロッパのペット用品を

卸す等の方法です。

 

受注⇒発注という無在庫方式にすれば、

それほどリスクなく、そこそこのロットの受注が可能な気がします。

 

 

来年は法人化も見すえております。

税金面のメリットだけでなく、

社会的な信用度も増しますので、

その点も活かしながら、売上アップを狙っていきたいですね。

 

 

ちなみになぜこのような話をするかと言いますと、

最近法人さんから多少まとまった数での交渉が入るからです。

大抵決まりませんが、需要はそれなりにあると思います。

 

携帯に見知らぬ電話番号から電話があった際に、

クレーム等の嫌な電話だけでなく、

まとめて買いたい等の良い話もありますので、

積極的に出た方が良いですね。

 

ただ、僕の場合は不動産の営業が凄く多く、

嫌気が差します。

最近では、まだ高校生です。とか言ってます(笑)

 

追伸

9月も残りわずかです。

輸入関係はイマイチですが、国内卸ビジネスが絶好調です。

今月は3社と新規口座開設を行い、既にアマゾンで販売開始してます。

問屋と同一の卸価格で仕入れておりますので、

価格ではそこそこ優位に立ってます。

今年は国内仕入れで粗利30万円を12月に目指します。

輸入で100万円を目指してますので、合算すると130万円です。

その他も合わせて150万円の利益が12月の目標です。

12月は久しぶりに数字のご報告もしてみようかなと考えてます。

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :