輸入ビジネス 失敗例

輸入ビジネスをやっていると、

いくつか失敗例が出てきます。

いくつかシェアしたいと思います。

皆さん気を付けましょう。

 

本題の前に、

中国輸入の激安セミナーが開催されます。

3000円とのことです。

なぜ安いのか?

塾の説明を兼ねているからとのこと。

まぁ当然バックエンドはあります。

 http://jun-tsuchiya.com/g1hl

結構有名な方です。

僕も参加予定です。

中国輸入?

やっているの???

 

いや、安いからです(笑)

何かの参考になればと思います。

 

とか言いつつ、高額な塾に入ってしまってたら、

ウケますね。

 

 

本題です。

 

過去も何度かこのテーマで記事を書いた気がしますが、

結構失敗・ミス事例が増えて(笑)きましたので、

再度まとめてみます。

 

◆重量・容積確認ミス

安い!と思って仕入れたら、

重たかった。

特にebay落札商品にて多い。

アマゾンはすぐわかりますが、

ebayは調べないとわからないので、

大体勘で判断。そして、外れる・・・

 

◆競合チェック漏れ

ヤフオクにて出品者が相当いるにもかかわらず、

果敢に仕入れてしまう・・・

過去のデータで、1万円で落札された実績を見て

仕入れたが、実際は8000円くらいで出品している人が

何名もいる・・・

 

◆商品を間違えて仕入れる

似たような商品を仕入れてしまう。

しかもお客さんに送ってから気付く。

※元の商品の方が高い製品であったため、クレームに。

 

◆日本に送れない商品を仕入れてしまう。

転送会社に送ったところ、輸出不可の商品とのこと。

全て返品処理となりました。

これは、面倒です。

しかもお金もかかります。

MYUSはダメだけど、

スピアネットはOK。

スピアネットはダメだけど、

MYUSはOK。

こんな商品たくさんあります。

このネタだけで、記事がかけそうなので、

いつか書きます。

 

 

◆商品が不良

初期不良。お客さんに指摘されて気づく。

修理代を負担し、ご納得していただく。

良いお客さんで良かった。

 

◆違う商品が届く

ebay/amazonで購入したものの、

違う商品が届く。5回以上10回未満経験有。

正直、返品するのも手間がかかる。 

 

◆偽物を購入してしまった。

セラーとやり取りしたが、

面倒になってしまい、ヤフオクでレプリカとして販売。

3000円程の赤字となる。

返品は受けるが、送料は負担してくれ!的な感じでした。

確かに転送会社経由でしたし、

説得させる英語力もなく、販売しました。

返品したほうが、赤字幅は少なかったかも・・・

 

 

◆輸入届が必要な商品と知らず、仕入れてしまう。

アマゾンから直送で仕入れた際、

ロットが多かったため、通関でストップ。

食品衛生法対象商品でありました。

輸入届を書いて、厚生労働省に送り、

許可を貰って、通関に送りました。

納期が大体2週間近く遅くなる・・・

 

◆注目のオークション使用ミス

1位を取るには、1日150円近いカテゴリーで7日間出品。

なのに、落札なし。

高額スタートのオークション形式であったため・・・

1000円近く無駄になりました。 

 

◆クレジットカードの締日間違い

月末締めのカードにて、

1日になったため、即仕入れを行ったが、

月末内にて処理されてしまった。

時差をカウントして仕入れましょう。

※他にも要因があるかもしれませんので、最近はできるだけ1日おいてます。

 多分、1日の夜であれば大丈夫だと思います。

サマータイム等もありますので、注意が必要です。

 

他にもありますが、

パッと思いついたのはこんな感じです。

 

皆さんもご注意ください。

 

 追伸

昨日、久しぶりに寝坊しました。

朝8時30分に起きました。

朝8時以降に起きたのは、

半年振りぐらいです。

それほど、最近は朝早いです。

 

なぜか???

仕事??

 

違います。

子供に起こされるからです。

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 個人輸入ビジネス 初心者講座, 輸入ビジネス   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :