輸入ビジネスの経験ゼロでいきなり起業!土屋じゅん独立物語~PART11~

本日はPART11です。

昨日は番外編にお付き合い頂きありがとうございます。

本日からまた元の展開に戻ります。

 

時期としては、

アマゾン輸入を開始して2ヵ月目とか3ヵ月目の話です。

 

この頃はひたすら商品を仕入れてました。

 

僕が心がけたことは、

 

必ず1個から仕入れてました。

 

そして、儲かったら、2個、3個と追加仕入をしていました。

 

僕がコンサルをやっていて思うことの1つに、

皆さん成果を焦り過ぎる傾向があります。

 

早く月利10万、20万を達成したい!

 

そこで、一度に根拠もなく、

5個、10個と購入してしまうケースがあります。

 

これが間違いです。

 

1個仕入れて利益が1000円だとします。

それを10個仕入れれば、

確かに1万円の利益が得られるかもしれません。

 

でも・・・・

この繰り返しをやっていくと、

赤字続出

損切多発

在庫増加

・・・・

と良いことは一切ありません。

 

ロットで仕入れる際は、

テスト的な仕入を行ってから、やるべきです!

 

ということで、

多くの商品を仕入れていきました。

 

この時、新規で扱った商品種類は、

月間でSKU150種ほど

です。

 

新規で仕入れる商品を150種類探して、

仕入を行ってました。

 

新規登録ではなく、

リピートではない新規で取り扱う商品が月間150種類程度という意味です。

(さすがに新規登録で150も無理!)

 

 

確か2ヵ月目とか3ヵ月目の話です。

 

 

この頃取り組んだ商品たち・・・

 

 

 

 

 

 

※哺乳瓶は、他の食品衛生法と異なり、

 アマゾンから出品停止を食らう可能性が高いので、

 輸入が出来たとしても、取り扱うのは止した方が良いです。

 

 

もし、僕の辿ってきた道をいくのであれば、

1個ずつ+多品種の商品を仕入れる

ことが最初の取り組みです。

 

この中から、自分の柱となる商品が見つかってきます。

 

 

事実、この時見つけた商品がその後半年くらいは、

僕の土台となってくれました。

 

そして、実績は売上も利益もどんどん伸びていきました。

 

リサーチ方法は、

オーソドックスなキーワードリサーチや、

セラーリサーチです。

 

必死にセラーリストを作ってました。

 

厳選された!!並行輸入セラー100人

 

 

このセラーリストですが、

2013年に作ったリストをベースに、

2015年秋冬にチェックしてみたところ、

驚きの半分以上がお亡くなりになっておりました・・・

 

ちなみに・・・

同じようにヤフオクもセラーリストを長時間かけて作ったのですが、

(多分、40時間以上かけた)

2年後には、3分の2がお亡くなりになってました・・・

 

 

 

アカウントが閉鎖されたというよりは、

フェードアウトしちゃったんでしょうね。

 

 

 

 

 

ということで続きはまた明日。

 

 

 

  続きを読みたい方は、クリックしてね!

 ポイントが下がった時が止め時と考えてますので。

 

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

 

編集後記   

凄いどうでもいい話なんだが、

昨日のブログを書いていたら、

超絶にラーメン二郎が食べたくなってきた。

ということで、近隣のインスパイア系のお店に行ってきました(笑)

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 土屋じゅん独立物語   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :