消費税8% 輸入ビジネスへの影響は??

消費税8%の来年4月実施が確定となりました。

以前より決まってはおりましたが、これで本決まりですね。

僕たちの輸入ビジネスへの影響はありますでしょうか?

 

まず、課税事業者の方は支払う消費税額が増えます。

僕はまだ免税なのでわからないですが、3%アップとなれば、

影響は大きいと思います。

 

ヤフオクを例にすると、消費税は出品価格に織り込み済みです。

課税事業者の場合、その差額分は自己負担です。

 

今後は、業者・法人の出品は減っていくかもしれませんね。

ストアの場合、消費税の請求はできるみたいです。

ですが、落札後にプラス8%の費用負担が発生することは、

相当量の注意書きを、商品ページで記載をしていないと、

クレームに繋がりそうです。

普通は、落札価格+送料だけですからね。

 

商品を仕入れる面においても、

仕入価格が上がることに繋がります。

3%アップは結構大きいです。

商品の相場が即反映されるわけではないので、

やはり厳しいですね。

 

輸入の場合、通関時が3月であれば、

5%なんですかね・・・

 

とりあえず、リピート商品については、

3月に大目に仕入れる方がいいのかな(-_-)

 

あと、物流コストも変わります。

身近なところですと、ヤフオク出品ページに、

ゆうパックやヤマトの送料一覧表を載せている人も多いと思います。

4月以降は価格も変わると思いますので、

切り替える必要がありです。

 

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 輸入ビジネス   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :