海外製品の情報収集について 輸入ビジネス

海外製品の旬な情報については、

どのように収集していますか?

やはりネットでの収集が多いかと思います。

 

僕もネットで収集しているのですが、

アメリカ限定閲覧サイトを見る簡単な方法って何がオススメですか?

 

よく聞きますのが、プロキシを使っての接続です。

次に、VPN接続という方法も聞いたことがあります。

 

あまり詳しくないので、もう少し調べてみますが、

アメリカ限定の新商品情報を得ることが出来たら、

人より一歩先行く仕入れができそうですよね。

 どなたか簡単な方法あったら、教えてください。

 

以前、雑誌から情報収集をしようと思いましたが、

中々難しかったです・・・

通販等もチェックしてみようかな。

 

ちなみに輸入ビジネス者に人気のdualsaw cs450 ですが、

3月 落札件数 8件 

    平均落札額 20288円

 

4月 落札件数 107件

    平均落札額  141614円

 

5月 落札件 107件

   平均落札額 12080円

と60%程度の落札額まで下がってしまいます。

 

旬な情報を得ることは大切ですね。

この製品なんかは通販で人気が出たみたいですね。

 

正直、僕はあまりチェンソーは扱いたくないので、

売ったことはありませんが・・・・

 

法律的には、不良時における事故の損害賠償の責任は

おそらく輸入者にあると思われます。

個人輸入→個人間のネットオークションということで、

どのような扱いになるのかわかりませんが、

PL法非加入の場合、万が一何かあったら、

かなり恐ろしい事態が想定されます。

商品説明に、何かあっても関係ありません的な一文を入れている

出品者もいますが、あれって関係あるんですかね??

   

 

追伸

輸入ビジネス教材一覧

輸入ビジネス、オークションビジネスにてお役にたてる 教材・商材を一覧にしました。

ライバルに差をつけるあと一歩のヒントがそこにあるかもしれません。

是非参考にしてください

 

ブログランキングに参加してます。

よかったら、クリックお願いします。

記事更新の励みになります。

人気ブログランキングへ

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 輸入ビジネス   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :