冬場暖房効率を上げて電気代を節約する方法

冬場暖房の効率を上げて、電気代を節約する方法を

ご紹介します。

たまには生活の知恵のご紹介。

 

9月も彼岸を過ぎますと、

めっきり冷え込みます。

(もちろん、エリアによりますが・・・)

 

まだまだ首都圏・都会エリアは、暑い日々が続きますが、

僕の実家の軽井沢は10月は結構涼しいです。

 

 

たまには、生活のお得な情報をお伝えします。

冬場に暖房器具をどこに置くかで暖房の効率が

かなり違うことをご存じですか?

 

ほとんどの家庭では、ジャマにならない部屋の壁際に

置いていることと思います。

ですが、暖房の効率を考えるなら、

実は窓の近くに置くのか正しいのです。

 

なぜ?

 

冷気は窓から入ってきます。

暖房器具を窓際に置いておけば、

侵入する冷気を暖めてくれるうえ、

暖かい空気が外に逃げるのを防げます。

 

これだけで、設定温度をいつもより下げても

暖かさを保てるはずです。

 

また暖かい空気は上の方に留まる性質があります。

暖めた空気を部屋中に行き渡らせるには、

サーキュレーターとの併用が効果的です。

扇風機でも構いません。

上に向けて最初の30分程で構いません。

 

是非お試しください。

 

 

追伸

3連休ですね。

先週と違い、今回はお天気も良いみたいです。

どこかお出かけしたいですね。

来週は、セミナーです。

※物販ビジネス大サミット

 

何名かお会いしたいというお問い合わせを頂いております。

お気軽にご連絡ください。

ご挨拶しましょう(^_^)v

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: お役立ち情報, その他   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :