日本政策金融公庫から満額融資決定。金利1.35%!!

日本政策金融公庫から融資が決定しました。

よく申込み額の半分等の噂を聞きますが、

満額融資となりました。

 

これから年末に向けて、

資金を増やす方もいると思います。

 

僕のやり方はあまり一般的ではありませんが、

参考にしてください。

 

 

まず融資の相談・申込みをします。

●自分で行う

●商工会議所等を経由して行う

●顧問税理士事務所を経由して行う

 

他にもあると思いますが、僕が思いついたのは上記くらいです。

HPでも申込みは可能みたいです。

 

僕の場合は、税理士事務所に全て任せました。

(ここがやや普通と異なります)

僕が書いた書類は、住所等の簡単な書類1枚のみです。

必要書類は全て税理士事務所が用意の上、

申請をしてくれました。

といっても申告決算書等くらいですが・・・

 

その後、公庫の担当者から連絡があり、

面談日と必要な書類を言われます。

僕が言われた書類は、

・当期の売上がわかる資料(前期は税理士より提出済み) 

・自宅賃貸契約書

・事業用口座の通帳、生活費用口座の通帳、ネットバンクは4ヵ月分を出力。

・免許証

・認定支援機関による事業計画書(融資の制度上必要)

 

 

僕が利用した融資制度ですが、

「中小企業経営力強化資金」

というものです。

これは、一般的な融資より金利が優遇されてます。

その分、いくつか面倒な点があります。

先程の事業計画書の用意等です。

 

下記公庫のHPより上記制度に関しての文章抜粋

 

ご利用いただける方 

次のすべてに当てはまる方

1.経営革新又は異分野の中小企業と連携した新事業分野の開拓等

 により市場の創出・開拓(新規開業を行う場合を含む。)を行おうとする方

2.自ら事業計画の策定を行い、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律

 に定める認定経営革新等支援機関による指導及び助言を受けている方

  

ポイントは、“認定経営革新等支援機関による指導及び助言を受けている方”です。

 

僕の場合は、顧問契約を結んでいる税理士の先生にお願いしました。

(認定支援機関と認められている税理士事務所だったので・・・) 

 

その後、ビジネスの説明を補完する資料を用意し面談に臨みました。

(ストアページや取引先のカタログ等)

 

所用時間は1時間程度です。

質問は簡単な質問ばかりです。

 

そして、数日後融資決定の連絡があり、

簡単な書類を言われ、融資が実行されます。

 

このような制度を利用しなくとも、

金利は低いです。

 

ただ、資金は誰でも必要な訳ではありません。

少なくとも昨年の僕には必要ありませんでした。

それでも年末には月商300万、粗利50万は達成しました。

 

借りる必要がない方は、借りない方がもちろん良いと思います。

資金はあった方が良いですが、自分が借りてまで作るステージ

なのかどうか考えて借りましょう。

 

借りるとしてもまずは身内から借りましょう。

数百万円は無理でも、50万、100万程度なら数名に声かければ、

無利子(もしくはご飯ご馳走程度)で貸してくれるのでは?

 

追伸

明日は物販ビジネス大サミットですね。

着ていく服はまだ決まっていないので、

決まりましたらブログでお伝えします(笑)

結構多くの方より、ご挨拶したいとのお問い合わせを頂きました。

是非、懇親会で見つけて貰えればと思います。

 

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 起業, 輸入ビジネス   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :