新 輸入ビジネスで月収10万円稼ぐまで PART7 在庫と利益率

輸入ビジネスで月収10万円稼ぐまで

在庫と利益率についてです。

 

10万円の利益を出すことはそんなに難しくありません。

 

最初の頃は、利益率よりも売上重視で取り組み、

ある程度の実績を積んだ後に利益率を上げていくような

動きが良いのかな?と思います。

 

そして、10万円の利益を達成しましたら、

在庫を確認してください。

 

多くの方が陥りやすい点として、

売上80万円 利益10万円

でも・・・

在庫は160万ある!

 

このように、売上の倍近くの在庫を積んでしまっている

方も多いです。

 

先程の数字でいいますと、

売上80万 利益10万 つまり利益率12.5%です。

 

それよりは、在庫量をもう少し減らして、

売上100万円 利益11万円 利益率11%

在庫金額145万円 という数字の方が健全です。

(上記145万円は暫定的なアバウトな数字です)

 

その為には、

在庫の定点観測

を行ってください。

 

そして、売上と在庫金額のバランスを調整してください。

 

欧米輸入は売上と在庫のバランスが悪くなりがちです。

 

 

たとえば、中国輸入の場合ですと、

送料・税金込で20元(400円)で仕入れた商品を

1250円で売ることはよくあります。

FBA手数料が500円ちょっとかかり、利益は300円強です。

利益6000円を得ようと思います。

 

その場合、この商品(400円)が20個必要です。

1個300円の利益×20個=6000円

原価400円×20個=8000円

在庫としては8000円必要です。

 

その時の売上は1250×20=25,000円となります。

売上と在庫の比率で言いますと、

0.32です。

 

ところが・・・欧米輸入ですと、

送料・税金込50ドル(6200円)で仕入れた商品を、

10,000円で売ったとします。

手数料が1,800円かかったとすると、利益が2,000円です。

利益6000円得るためには、この商品を3個売る必要があります。

在庫金額は6,200円×3個=18,600円です。

売上10,000円×3=30,000円となりますので、

売上と在庫の比率で言いますと、

0.62となります。

※あくまでも参考事例です。例外もあります。

 

全部の商品が上記のようになるとは言いませんが、

全般的に得たい売上・利益に対する在庫金額としては、

大きくなりがちではあります。

 

その為・・・欧米輸入においては、

徹底した損切が必要となります。

 

油断していると、在庫がどんどん増えていきます。

 

損切を行いますと、

当然赤字商品も発生します。

そのような商品も含めて、月の利益率を良くしていくことが

今後の課題となります。

 

利益率の良い商品をリピートしたり、

仕入先を開拓したり、

新規商品ページを作成していくことが必要です。

 

在庫の状況を把握するためにも、

先程述べたように在庫の定点観測が必要です。

 

毎月把握することは面倒ですが、

現在の在庫金額が増えているのか?

減っているのか?

売上と在庫のバランスはどうか?

気にしてください。

 

やっていない方は多いですが、

売上も大切ですが、

在庫の増減も大切です。

 

月収10万円に達しましたら、

物販としての数字管理もきちんと行ってみてください。

 

編集後記

1月と2月はバタバタしていて、

売上ががっちり落ちてます。

昨年対比は当然クリアーしてますが、

2014年3月は消費税増税前の駆け込み需要で、

売上が伸びました。

何とか超えるように頑張りたいですね。

 

 

 

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス, 輸入ビジネスで月収10万円稼ぐまで   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :