将来の目標 転売ビジネスの次の一手

輸入転売ビジネスをやっておりますが、

一生やっていくわけではありません。

例えば、アマゾンやヤフオクが並行輸入商品の取り扱いを中止したら、

一瞬にして路頭に迷います。

上記のような事例は考えにくいですが、

可能性はゼロではありません。

 

例えば、並行輸入業者(個人・副業レベル)がebayで仕入れた

とある電化製品に重大な欠陥があったとします。

消費者に多大な損害を与え、PL保険も入っておらず、

補償もできなかったら、非難はプラットフォームに向かいます。

そのような事例が多数重なっていけば、

並行輸入の取り扱い自体を、

中止しないとも限りません。

 

全てにおいて、絶対はありえないので。

 

そのような事態になったとき、

副業でやっている人は、本業をがんばればいいだけなので、

問題はありません。

専業でやっている人は、目の前が真っ白になるかも・・・(ー_ー)!!

 

またプラットフォームが要因ではなく、

自己原因によりアカウントの停止になるリスクもあります。

本物だと思っていた商品が、実は偽物だった。

大量出品した商品が初期不良商品だった。

 

2年、3年は転売だけで食べていけると思いますが、

専業の人は次の一手を考えていたほうがベターです。

もちろん、ある程度稼げていることが前提です。

 

稼げてないのに、次の一手を考えることは本末転倒です。

 

僕の考えている次の一手ですが、

◆OEM商品の展開

です。

常々、言っておりますが、やはりメーカーという立場になることが、

一番稼ぎが大きくなります。

もちろん、リスクもありますし、ライバルも多いため、

成功する難易度はかなり高いです。

 

僕の考えている理想的なステップアップイメージですが、

(あくまで僕の主観です)

 

◆①輸入転売で実績を上げる

◆②OEM輸入で多少実績を上げる

◆③輸出転売で実績を上げる

◆④OEM輸入で実績を上げる

◆⑤OEM輸出で実績を上げる(三国間貿易)

 

イメージとしては、こんな感じです。

①から③までは、今年から来年にかけて取り組みます。

④に関しては、2,3年後の目標です。

⑤は見えてきません・・・

 

輸入転売でまだまだペーペーな僕が言うのもなんですが、

2年、3年先の目標も掲げていきましょう。

※ちなみに、OEM雑貨の方法についてはミリオングッズプランニング(僕の初教材)にて、

 詳細を記してますので、興味がある方は是非お求めください。

 

広告的な記事になってしまいましたが、

OEM以外でも、ネットショップや輸出、中国・韓国以外のアジア輸入、北欧からの輸入等々

色々次のステップは考えられると思います。

ネット仕入ではなく、海外買い付けや実店舗運営なんかも面白いかもしれません。

 

10年、20年先は考えづらいですが、2年、3年先の目標も掲げてみましょう。

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 起業, 輸入ビジネス   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :