国内卸ビジネスのやり方

国内卸ビジネス。要は、国内メーカーから商品を仕入れて、

アマゾンやネットショップで売る方法について。

 

僕の場合は、伝手があるメーカーから仕入れているのですが、

仕入ルートは簡単に開拓できます。

 

ギフトショー等の展示会に行けば良いだけです。

そこで、名刺交換し、後日商談し、取引口座を開設すれば仕入可能です。

 

個人の場合、NGな会社とOKな会社があります。

NGなところは、諦めるしかありません。

 

ですが、以外と取引は簡単に可能です。

 

それよりも問題は、

売れるかどうかです。

 

輸入商品の総販売代理契約も同じです。

契約自体は、行動力さえあれば、さほど難しいものではないです。

 

難しいのは、売れる商品・ブランドの発掘です。

 

尚、

アマゾンの場合ですと、

実際に既に売れている商品の場合、メーカーによっては、販路がアマゾンの場合、

先駆者の業者を優先し、あまり良い顔をしてくれないケースもあります。

あからさまにダメとは言いませんが…

そして、

後発の方が、価格的に負けるケースが多いので、

売れている商品を後から仕入れるという後出しジャンケンは、

あまり考えない方が、個人レベルのビジネスとしては良いかと思います。

 

それよりは、

他の業者があまりアマゾンに売っていないニッチなメーカーの商品を

売ることで、独占的にアマゾンにおける市場を握ることも可能です。

 

楽天やネットショップでは、売っていても、

アマゾンで売るというところまで、まだたどり着いていないメーカーは多いです。

 

あと、数年もすれば、今よりもアマゾンで売るということが、

一般的になる可能性もありますので、

今のうちに面白い商材を扱っているニッチなメーカー等を抑えて

おくのも一つの手法ですかね。

 

 

国内の地場産業品のメーカーなんかは、

結構面白いと思います。

焼き物、刃物、繊維、樹脂・・・

 

 

 

追伸

僕が新規にて商品ページを作成した、

国内仕入れ商品ですが、

世界各国のアマゾンにていつのまにか出品されておりました・・・

 

輸出プレイヤーというのは、

こうやって無在庫で、商品を各国に売っていくんですね・・・

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン国内卸実践記録   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :