中国輸入 不正競争防止法は大丈夫なのか???

中国輸入のリサーチをやっていますと、

有名ブランドのパクリ品に遭遇します。

 

例えば、

ヴィトンとかバーバリー風のデザイン(生地)を

使った商品はNGです。

例え商品名にヴィトンと入っておらず、

ノーブランドと入っていてもNGです。

 

ですが・・・

著名でない商品に関しても、

パテント等の申請をしていない商品であっても、

NGになるケースがあります。

 

それが不正競争防止法です。

 

そして・・・

 

リサーチをしていて躊躇したのがこちらのブランドに

類似している商品群たち・・・

 

ジャンプフロムペーパー

 

形状が3Dに見えるかなり面白いバッグです!

 

これですが、

「二次元 バッグ」で検索すると・・・

 

類似品がたくさんでてきます。

 

メーカー側の状況がわからないので下手なことは言いませんが、

製造している側が本気を出したら怖いですね・・・

 

 

と思っていたのですが、

 

皆さんそんなことは知っているが、

気にせず仕入れているのか?

 

それとも

 

知らずに仕入れているのか?

 

アマゾン輸入はかなりグレーな部分が多いですが、

競合排除が目的なテクニカルな知財権ではなく、

本来の知財権に関しても意識して商品を仕入れた方がイイですね・・・

 

OEM輸入流行ってますが、

地雷が

埋まっている場合もありますので要注意です。

 

クリックお願いします!!!!<(_ _)> 

 

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
 

 

編集後記

僕はバッグをデザインするのが好きですが、

上記のブランドは発想が凄く面白く、

とてもウマイなと思いました!!!

どちらかというと、このようなアイデア商品を

開発し販売するような事業を行いたいです。

僕がやるのであれば、意匠等をガチガチ守って、

なるべく類似品が出てこにくい状況を生み出したいですね。

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :