ヨーロッパアマゾン VAT付加価値税込の価格について

ヨーロッパのアマゾンで購入した経験はありますか?

タケワリ等で値段を比較した際、アメリカより若干高いくらいなら、

安くなる可能性があります。

 

ヨーロッパのアマゾンに関しては、

付加価値税込の値段設定となっております。

そのため、配送先が日本の場合、免税となりますので、

税抜き価格に変更されます。

 

16.76EURだったのが、

07161

赤丸で囲ったところをおすと、

見積もりしてくれます。

 

 

14.08EURになりました。

 ↓

07162

 

尚、付加価値税は各国で呼び名が変わります。

イギリスでは、VATですね。

※上記画面はドイツのアマゾンです。

 

各国によって、税率が異なり、商品によっては、

安い税率の商品もあります。

なので、カートに入れて、価格を算出するまでは

いくらなのかわかりません。

 

ですが、結構安くなります。

送料入れても、当初の価格と

同一くらいになる場合も多いです。

 

難点は、日本直送不可の商品が多いことです。

 

アメリカであれば、転送会社を利用すれば問題ありませんが、

ヨーロッパの場合、上記付加価値税の問題があり、

無駄な出費が増えてしまいます。

もちろん、それを考慮しても儲かる商品はたくさんありますし、

取り扱う人が少ない分、参入障壁となります。

 

僕は直送しか経験ないのですが、

今後テスト的に試してみる予定はありますので、

またブログでお伝えします。

 

 

追伸

先日よりやり取りしていたebayでの返品が終わりました。

セラーによって、様々な対応でした。

◆ラベル?を発行し、発送

◆住所を教えてくれて、そこに送れと指示

◆何も連絡こず・・・

催促したら、paypalにのっているだろ!的な連絡あり。

 

結構面倒なので、輸出の規約についてはきちんと把握しておきましょう。

MYUSよりはスピアネットの方がやや緩い気がします。

あくまで気がするレベルですが・・・

 

追伸2

3連休が終わりましたね。

なので、僕はこれから海に出かけます。

江ノ島に行ってみます(#^.^#)

平日だから、空いているといいな。 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: お役立ち情報, アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :