オリジナル商品 OEMは簡単ですが、リスクもあります。

最近中国輸入をやっている方でOEMをやっている方も

増えている模様です。

ですが、1点気を付けないと大けがをするリスクがあります。

 

それは、

「知的財産権」です。

 

知り合いの法務関係の方(知財権専門)と気になるアマゾンの商品(ノーブランド品)について、

色々調べましたが・・・

 

抵触する商品が、わんさか出てきました!!!

 

現状においては、弱小の個人業者に対し

メーカーも刺すことはないと思いますが、

絶対はありえません。

商品によってはかなりハイリスクです・・・

 

尚、ケースバイケースですが、

意匠や特許を侵害した場合のペナルティーは

とても痛いものがあります。

 

 

尚、僕は前職で、3,4回は特許や意匠の侵害を起こしてます。

商品化した後に海外特許が取得されたケース等もあり、

事前調査ではわからなかったですね・・・

 

特に金型製品に関しては、

商品化する際に大きな投資が必要です。

 

よく調べてから商品化しましょう。

 

 

ちなみに下記のヤフーニュースを見ていて思い出しました。

米コンバース、31社を提訴=靴の意匠権侵害

 

 

中国の展示会等に行けば、

簡単にOEMは可能です。

そして、アマゾンの小カテゴリー1位を獲得し、

月間500個程度であれば、さほど難しくありません。

単価にもよりますが、1商品~5商品程度で十分な利益も出せますね。

ですが・・・

 

本当にその商品大丈夫ですか???

 

知財権でまぁまぁの規模の会社とトラブルになったら、

相当なダメージを喰らいます。

ドラクエで言うと、痛恨の一撃です。

 

お金で解決できますが、

果てしなく労力かかります。

 

 

 

追伸

僕はヨーロッパの大手キッチンメーカーから海外特許の件で、

トラブルになったことがあります。(会社員時代)

英語で代表取締役宛に届きました・・・

弁理士、弁護士・・・・

色々大変でした。

あれを個人や個人レベルの法人でやるとなると、寒気がします。

アマゾンのアカウント停止とかそういったレベルを凌駕する

トラブルなので、本当に注意しましょう。

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, オリジナル商品の企画開発, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :