アメリカ 転売目的の仕入れ禁止の量販店

アメリカの大手量販店で転売(仕入)目的での購入が

禁止されたと聞きました。

 

知り合いから聞いた話ですが、

確かターゲットだったと思います。

 

 

ターゲットに関しては、

実店舗だけでなくオンライン上においても販売目的の仕入れは

禁止されるようですね。

 

今のところ、他のショップの情報は聞こえてきませんが、

今後同じような動きを追随するショップが出てこないとも

限りません。

 

本来のお客様のためにセール品やクーポンを用意しても、

仕入目的のバイヤーに買い占められては、

販売側としては意味がありませんからね。

 

Amazon.comに関しても、本来は仕入れ目的の購入はNGだった

と思います。(勘違いだったらすいません。)

 

僕たちがやっているビジネスは、

色々な悪い可能性があります。

●アマゾンが並行輸入品の取り扱いを停止したら?

●amazon.comが海外からの購入を禁止したら?

●MYUSがつぶれたら?

●FBAがなくなったら?

 

本業の方は、2年、3年というスパンではなく、

10年、20年というスパンで方向性を考えていった方が良いですね。

 

ちなみに最近僕が考えているのが、

オンラインとオフラインのビジネスを融合させることです。

 

例えばこんな感じ。

 

アメリカから面白いデザインの本立てをリサーチして、少量仕入れる。

本屋に委託としてやや高額な本立てをインテリアとして置いていただく

売れたらアメリカから取り寄せて販売(無在庫)

 

本屋

インテリアとしておしゃれでデザイン性のある本立てを飾れる

売れたら利益が入る

 

販売者側

オンラインよりも高利益率が可能

在庫リスクが少ない(店頭飾り用の初期投資は必要)

 

このような方法は、

本屋だけでなく、飲食店、美容室、エステ等々の様々なショップで

可能です。

 

委託販売は、別に珍しくないですが、

仕入元が単なるAmazon.comっていうのがポイントです(笑)

 

こんな感じで色々なビジネス案を考えてます。

 

 

クリックお願いします!

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

 

編集後記

昨日はTAKEZOさんと山田さんと飲みました。

売上・規模等々が同じくらいなので、

話題が合います。

同レベルのビジネス仲間は切磋琢磨できますね!

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :