アマゾンFBA納品代行のデメリット

アマゾン輸入をやっている方で、

FBA納品代行を使っている方は何割程度でしょうか?

 

納品代行は効率的です。

僕もいずれ導入します。

 

ですが、全て自分でやったからこそ気づく問題点が多いです。

◆仕様違い

 

これって、僕だけ??

 

またありました。

3回目です。

3度目はアマゾン本体です。

 

しかも、この商品は追加商品です。

明らかに違う商品が届きました。

ただし、見る限りタグは合っているようです。

商品とタグが異なっているようです。

 

メーカーの方でつけ間違えたのでしょうか?

 

返品です・・・

 値段が上がっているので、

交換を希望します。

アマゾンでの返品も3回目です。

 

これって、納品代行やっていたら、気づくのか???

 

多分、気づかないと思います。

今回届いたのも、明らかに商品ジャンルが違うなら、

わかるかもしれないですが、

同一ジャンルのデザイン違いです。

 

 

納品代行も使いたいですが、

こういった事例が多すぎて、躊躇してしまいます。

1ヵ月半で3回目・・・・

 

 

値段も高いですよね。

ラベル1枚貼るのに、35円とか!

貼るだけで35円なら、

僕がやります。

100個で3500円です。

相当ぼったくってます。

 

 

FBA納品代行ではなく、

普通の倉庫・出荷業務をやっているところに、

作業内容を説明して、やってもらう方が

安上がりかもしれません。

 

やはりPPC等で広告打っている分、

利幅はでかいはずです。

安易に契約せず、

安いところを探してみましょう。

 

 見積もり依頼時に結構役に立ちます。

↓ 

 

荷物受領・ラベル貼り・納品書同梱・送り状貼り付け

に加えて、該当商品との相違がないか目視検品

を加えてもいいかもしれません。

 

ちなみに僕は、

FBA出荷業務に関しては、

夜やるようにしています。

基本昼間は、クリエイティブ。

夜は、作業系か情報収集系。

 

時間によって、やる業務を分けていると、

効率的に仕事ができる気がします。

 

追伸

若干円高ですね。

 

輸入にしろ、輸出にしろ、

大幅にどちらかにふれた時、

両方やっていると、

リスクは最小限です。

 

もちろん、為替関係なく稼げますが、

為替差だけで、簡単に稼げる商品も多数出てきます。

 

今は、100円前後なため、どちらも中途半端な気がします。

 

ですが、いつかまた1ドル80円 120円という時が来ると

思います。

 

最初は、どちらかに集中することが大事ですが、

やはり両方やる方が、リスクヘッジに繋がるのかなと思います。

 

 僕としては、

輸入に関しては、欧米輸入だけでなく、

中国輸入、韓国輸入、と幅広くやりたいですし、

輸出に関しても、単にebayやアマゾンに売るだけでなく、

リアルな海外法人向けに大ロットの卸展開もしてみたいです。

 

もちろん、個人でやるには限界がありますので、

法人化してからですね。

 

まずは、個人での目標月利100万を達成しないと・・・

 

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :