アマゾン輸出のアカウント作成時につまずくポイント

アマゾン輸出に関する質問もぼつぼつ増えてきました。

全然稼いでいないので、僕にするのはお門違いですよ(笑)

 

とはいえ・・・

アマゾンアメリカの大口アカウントを取得したい人は

多いと思います。

 

以前のブログにも書いておりますが、

つまずく方が多いのはここ!!!

 

アマゾン輸出 アカウント作成時に最後にやるべきこと

 

 

そう、銀行口座情報の提出なんですよね。。。

 

クレジットの明細でもOKです。

 

OKなんですが、

明細に

住所の記載等が必要です。

 

 

となると・・・

WEB明細だと不十分になりますので、

わざわざ紙ベースでのクレジット明細を入手する必要があったりします。

 

 

氏名

発行日

住所

引き落とし銀行口座情報

 

の記載が必要です。

 

僕が失敗したのは、

銀行口座情報や発行日が明細の裏面にあり、

表面しかスキャンしていなったため、

一度否決となってしまいました。

 

 

 

いつかアマゾン輸出をやってみたい方がおりましたら、

アカウント作成と適当にFBA送っておくことくらいは、

やっておいた方が良いんじゃないかな。

 

大口手数料が無駄になると言う人いるかもしれませんが、

アメリカアマゾンのMWSも使えるようになりますので、

輸入リサーチにも役立つんじゃないかな。

 

※MWSの利用も以前より面倒になっておりますが、

 この話はまた後日します。

 

 

1年前に比べても、

アカウント作成がかなり面倒になっております。

 

今後、難しくなることはあり得ますが、

簡単になることは有り得ませんので、

いつか作ろう!

ではなく、

今作っておく

のがおすすめです。

 

 

ブログランキングに参加しております。

良かったら、ポチっとお願いします。

 

 

【編集後記】

長男(6歳)の歯が抜けた。

3本目。。。

 

3本抜けていると、

かなり笑える顔で、

我が息子ながら面白いwww

 

【お知らせ】

トータルPDF300ページ以上のプレゼント

・つちやじゅん独立起業物語

・輸入ビジネス失敗実例

・過去取り扱いアイテム例

 

そして・・・

4,980円で販売していた 貿易関連の大作教材

「ミリオングッズプランニング」

を加えた4種のレポートを無償で プレゼント

教材希望の方は、下記よりメルマガ登録ください。

土屋じゅんのメルマガへ登録する

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸出   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :