アマゾン輸入 新規商品登録のポイント PART1

アマゾンに売っていない商品を仕入れること。

アマゾンのカタログを新規で作成すること。

新規登録について、何日かに分けてお伝えします。

 

新規商品登録は、皆さんやっておりますか?

 

直接取引と違い、初心者であっても、すぐ実行できるので、

比較的敷居の低い取り組みです。

 

 

新規商品登録には・・・

メリットとデメリットがあります。

 

メリット

・自分だけの商品。しばらくの間、独占状態で販売できる。

・高利益率での展開も可能。

・販売者が自分だけなので、回転率も良い。

・リサーチが楽しい

 

デメリット

・売れるか売れないかの見極めが難しい。

・amazon.com仕入だといずれ競合セラーが入ってきて、相乗りと同じ目に合う。

・在庫リスクがある。

 

メリットはわかるんですが、

デメリットが大きいですよね。

 

ですが・・・

 

売れるか売れないかの見極め

見つけ方、やり方さえマスターすれば、ある程度はわかります。

また100%売れる商品を見つけることは不可能です。

できたら、僕は家を買ってます(笑)

 

競合セラーが入ってくる

しばらくの期間、他セラーが入ってこないような商品にすることは可能です。

例えば、半年間月間20個販売一人だけでし続けることも可能です。

 

 

在庫リスクがある

商品を選ぶ方法さえマスターすれば、

在庫リスクも極力回避できます。

 

 

具体的なやり方は自分で学ぶしかありません。

 

効果的な新規登録の学び方、

やり方については後日お伝えします!

 

 

僕は、アマゾン輸入開始後、2ヵ月目あたりから、

新規商品登録に力を入れてきました。

 

おかげで、利益の半分以上(7割近く)が、

自分で新規登録した商品となってます!

 

まぁ僕はやり過ぎですが、

 

単純転売⇒新規商品登録⇒直接取引

 

という流れがベストな気がします。

 

直接取引の場合も、

海外の業者が扱っているアマゾンで売っていない商品を、

新規登録することで、

かなり高利益の商品となってくれるケースもあり得ます。

 

商品ページは作成する人によって、

売れ行きが変わってきますので、

欧米輸入の方もマスターするべきです!

 

PART2に続きます。

 

クリックお願いします(*^_^*)

 

 

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ
 

 

編集後記

10月もいつのまにやら、折り返しを過ぎてました。

中々劇的に売上が伸びていきません・・・

そろそろ仕入量を増やしていかなければ・・・

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :