アマゾン輸入 仕入の時に確認する項目

アマゾン輸入について。

仕入の時に確認するべき項目。

 

 

唐突ですが、

アマゾン輸入の仕入時の確認項目について書いてみます。

 

●売れているか?否か?

当たり前ですが、売れていない商品は仕入れてはダメです。

ただし!状況や利益率によって臨機応変にジャッジします。

 

これについて語ると、それだけで数日分の記事になりますので、

売れている商品!という判断基準はここでは省きます。

※売れていないというと語弊があります。

 商品や状況によっては1年で3個しか売れないような

 商品を仕入れるのも有りです。

 

●価格差があるか?

手数料、税金、国際送料、国内送料等全て計算し、

想定での利益額を算出します。

 

 

このジャッジの時にミスする人が多いパターン

現在の価格=プライスチェックのランキング変動時の価格かどうかを確認すること!

 

やった!!!価格差ある!!!

セラーは5名いるけど、

先月は10個売れている!!!

実は、先月10個売れた時は今の3分の2の価格。

今の価格では、月に1個か2個しか売れない・・・

もちろん、3分の2の価格では赤字・・・

 

 

現在の価格だけでなく、

過去の価格を確認し、

現在の価格がその商品の適正な価格かどうかを確認します。

 

※様々な要因により価格高騰しても、受注が伸びるケースもあります。

 

 

慣れてくると、

「あ~この商品はこの価格だと、

月に10個くらいしか売れないな・・・」

 

とか

 

「この価格だったら、月に30個は売れるから、

現在のセラーの在庫が1ヵ月待てば枯渇するかな」

 

等の判断が、

カート価格を見るだけで予測できてしまいます。

 

 

アマゾン輸入の先駆者さん達は、

2012年頃から本格始動しています。

 

その頃からやっている人は4年目です。

 

そうなると・・・

単純転売とはいえ、

王道的な商品は何度も何度も扱って、

その商品のベストな売りタイミングが

肌感覚で掴めてきます。

 

 

 

転売系商品を扱っている評価1000越えの

キャリアのあるセラーさんが、

あなたの出品商品において、

カート価格よりも高値でキープしている時は、

何かの思惑があるかもしれません。

 

安値で売り切る前に、

せめてモノレートで過去の相場観をチェックしてみましょう。

 

 

リサーチの上達のコツとしては、

上級者のリサーチ実践をひたすら見ているのが、

一番早いです。

 

 

 

 

 

 

クリックお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

 

編集後記 

 

4台目のPCを買いました。

現在の武器は、

スマホ2台

PC4台

モニター2台

椅子6脚

大分揃ってきました。

 

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :