アマゾン輸入 クリスマス商戦を振り返ってみて・・・

アマゾン輸入のクリスマス商戦もほぼ終わりです。

今日もまだまだ売れると思いますが、

反省点と良かった点を挙げていきたいと思います。

 

良かった点

11月中旬から12月中旬まで、玩具に的を絞ってリサーチを行い、

仕入を行ってきました。

玩具系商品については、リサーチした時点よりも価格が上がるケースの方が多く、

想定した利益額よりも多くの利益を残せることに成功しました。

アマゾンの出品推奨レポートがとても役に立ちました。

もちろん一部商品は値下がっているものの、割合としては少なかったです。

利益率30%を超える商品がガンガン売れていきました。

 

悪かった点

やはりはじめてのクリスマス商戦ということもあり、

かなりビビリながらの仕入れを行いました。

売上よりも在庫リスクの方を優先させた結果、

相当金額の機会ロスを生んでしまいました。

もう少しリスクを取っていれば、簡単に利益を3割は増額できたと思います。

次に仕入れのタイミングです。

今月は4回ほど転送指示をしているのですが、

12月19日発送→20日FBA納品の一部商品が、22日の午後から売り出されました。

(大型商品です)

やはり通常時よりも反映されるのが遅かったため、

ピークのタイミングに間に合いませんでした。

 

来年は、もうすこし早めのFBA納品と、

ある程度のリスクを取った在庫量を考えて臨みたいと思います。

 

ちなみに、1日に売れる商品の個数ですが、昨日は40個売れました。

高い物で5万円程。安いもので700円。

売れた商品を細かく管理しているのですが、

その作業に30分~1時間かかります。

もう少し効率的な管理表を作成したい・・・

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :