アマゾン輸入初心者講座 PART16 商品のコンディション欄(再)

前回のpART15にてコンディションについて

書きましたが、少々わかり辛いので、

きちんとまとめてみました。

 

最初に断っておきますが、

あくまでも参考例です。

このままコピーしても構いませんが、

何か不利益を生じた場合は責任を負いませんので、

再度ご自身にてご確認の上、ご活用ください。

 

ちなみに文例ですが、今日の記事を書くために、

全てオリジナルにて僕が作成しました。

内容的には、大体皆さんと一緒なので、

多少似ているパターンの方がいるかもしれませんが・・・・

 

 

前提条件

●FBAを利用

●アメリカ・ヨーロッパからの並行輸入業者

 

共通内容

■配送=アマゾンという項目

出荷・梱包についてはアマゾンが行うという点を伝えます。

参考文例

・アマゾン配送センターから梱包・出荷されます。

・通常配送料無料にてAmazon配送センターから出荷されます。

・Amazon物流センターより年中無休にて敏速・出荷されます。

 

■返品・返金=アマゾンが対応するという項目

不良等の際は、アマゾンが窓口となり、対応する点を伝えます。

参考文例

・返品返金につきましてはアマゾンカスタマーサービスによるご対応となります。

・返品返金に関するお問い合わせは、安心のAmazonカスタマーセンターによるご対応となります。

 

■その他

決済方法(代引き・コンビニ)やプライム対象、お急ぎ便利用可等のFBAであることに

関するメリットを加えます。個人的には別に入れなくても良い気がします。

 

並行輸入品(一般商品)

■並行輸入であることのデメリットを書きます。

取扱い説明書が英語であったり、国内保証が受けられない点、輸入時の箱破損について

書きます。

参考文例

・輸入品の為、表記は全て英語となります。

また輸送中箱に多少のスレ・凹み等の損傷を負う場合がございます。

・並行輸入品の為、取扱い説明書は英語となります。また国内メーカーによる

保証はございません。その分お求めやすい価格でのご提供となります。

 

※注意

全て一律文面で「箱に凹み・スレがある場合がございます。」と入れている人がいますが、

PP袋入りの商品や箱に入っていない商品に上記文面入れるのはおかしいです。

 

 並行輸入品(DVD・ブルーレイ)

■シュリンク包装が破れている可能性について触れておくパターンがあります。

ほとんどの製品は破れていないので、敢えて入れる必要もないですが・・・

参考文例

・輸入品の為、輸送時にシュリンク包装に傷・破れ等が生じる場合がございます。

・長距離輸送の為、パッケージに軽度のスレ・傷がつくことがあります。

 

■再生環境について触れます。

PALやリージョンに応じて変える場合と、統一的な文章を使うパターンがあります。

PAL時参考文例

・リージョンコード2ですが、再生方式の違いの為、一般的な国内向けプレーヤーや

PS3等では再生できない場合がございます。パソコンもしくはマルチDVDプレーヤー

(NTSC⇔PAL 再生方式の変換が可能)等で再生する必要がございます。

・リージョン2 PAL形式となります。PAL/NTSC変換機能付プレーヤーもしくは

パソコンにて視聴可。

統一時参考文例

・import(輸入)版となります。再生環境をご確認の上、ご購入下さい。

・輸入品の為、一般的なDVDプレーヤーでは再生不可の場合がございます。再生環境をお確かめの上、

ご購入願います。

 

 

他にも時計版、ゲーム版、おもちゃ版等々のパターンがあります。

上記パターンに取扱いカテゴリーの色を反映し、作成してみてください。

 

面倒な方は、

一般的な商品とメディア系程度の区分けでも良いのかな?と思います。

 

追伸

輸入ビジネスをやっている方は、船原さんのメルマガを購読している方も

多いと思います。

今日のメルマガで売上と在庫について触れておりましたね。

物販をやっていく上で、在庫がとっても大切です。

必ず月末もしくは月初を定点として、毎月確認していくようにしましょう。

売上の増減と在庫の増減を明確にすることで、利益の管理も可能です。

個人的な意見ですが、

在庫=罪子(罪の子 ざいこ)です。在庫がないと売上は上がりませんが、

悪いものだという意識の方が良いのかなと思います。

 

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, アマゾン輸入初心者講座, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :