アマゾン輸入は終焉が近いのか?

先日様々な人が取り上げていたのでご存じの方も

多いと思いますが、

「インターナショナルショッピング」

なるサービスをアマゾンが導入しました。

 

これにより米国外のバイヤーが、

モバイルアプリから米国アマゾンの対象商品4500万品目以上を、

検索・購入できるようになったそうです。

 

参照元のニュース

 

そして、

amazon.comのプレスリリース

 

 

僕も試しに使ってみましたが、

今までも普通に日本直送でお買い物(一部仕入れ)していた僕としては、

特に変わった点は感じませんでした。

 

要は・・・

アプリ上からも国外からのバイヤーに対応するという程度の内容みたいですね。

 

そもそも・・・

一般的な日本人ですと、

アメリカのアマゾンが日本へ直送してくれること自体、

知らない人がほとんどかと思います。

 

 

 

今回のバージョンアップによって、

僕らのビジネス面においても、何ら影響ないんじゃないかな。

 

 

 

 

ただ・・・

アマゾン自体が、国際間の垣根を取っ払っていく方向に

動いていることは何となく予測がつきます。

 

 

2年後、3年後、5年後、10年後の方向性を色々考えておいた方がいいかもね。

 

 

個人的には、

中国製ではなく、メイドインジャパンの質の良い商品を、

日本だけでなく、世界にて販売するのが、

一番ベストな方向だと考えているので、

僕自身はそちらに向かって推進中です。

 

一歩一歩ね。。。

 

 

 

たまにはせどりの方のブログも

読んでみてはいかがでしょうか???

 

輸入の方も役立つ内容書かれている人もおりますよ。。。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

 

 

【編集後記】

暑くなったり、

涼しくなったり、

体調を崩しそうです。。。

 

これから暑くなってくるんだろうな。

 

 

【お知らせ】

トータルPDF300ページ以上のプレゼント

・つちやじゅん独立起業物語

・輸入ビジネス失敗実例

・過去取り扱いアイテム例

 

そして・・・

4,980円で販売していた 貿易関連の大作教材

「ミリオングッズプランニング」

を加えた4種のレポートを無償で プレゼント

教材希望の方は、下記よりメルマガ登録ください。

土屋じゅんのメルマガへ登録する

 

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :