アマゾン輸入 海外直取交渉 メーカー編

アマゾン 海外メーカーとの交渉について。

今やみんなやっているので、中々差別化し辛いですね。

 

卸直取と一緒でセラーリサーチが簡単でおすすめではあります。

 

ただ・・・

それだとみんなと一緒のメーカーになってしまいますし、

メーカーによっては、

日本への販売(特にアマゾン販路)はお腹一杯!

というところもあったりします。

 

 

なので・・・

僕のおすすめは、

アマゾンアメリカ(ヨーロッパ)仕入れ

新規登録で販売する

売れるようならメーカー仕入れに切り替えて、

一気に価格を下げて、アマゾン仕入れセラーが

相乗りできないところまで持っていく。

 

 

このやり方ですと、

なかなか参入セラーも増えませんし、

末永く稼げます。

 

ただ・・・・

アマゾンが瞬間的に特価で販売してくる際などは、

メーカー価格とさほど遜色ない価格で売ってきますので、

アマゾン仕入れの相乗りセラーも一時的には増えるかもしれません。

 

とはいえ一時的なので、

追加供給できずにいずれは消えてしまいますので、

しばらく待ちましょう。

 

 

人によっては、

日本で売れる商品を見つけるのが難しいですが、

新規商品登録が得意な方は、

ぜひお試しください。

 

 

僕は新規商品登録が得意だったので、

このパターンが一番大きく稼げました。

 

 

ブログランキングに参加しております。

良かったら、ポチっとお願いします。

 

 

 

【編集後記】

確定申告で税金が一部戻ってきました。

嫁が管理している通常の口座ではない口座なので、

自分で使ってしまおうと思ってますwww

 

 

 

 

【お知らせ】

トータルPDF300ページ以上のプレゼント

・つちやじゅん独立起業物語

・輸入ビジネス失敗実例

・過去取り扱いアイテム例

 

そして・・・

4,980円で販売していた 貿易関連の大作教材

「ミリオングッズプランニング」

を加えた4種のレポートを無償で プレゼント

教材希望の方は、下記よりメルマガ登録ください。

土屋じゅんのメルマガへ登録する

 

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :