アマゾンで競合がたくさん増えてしまった時の価格設定

アマゾン輸入転売を実践しておりますと、

仕入れた時は大したことなかったのに、

気付いた時にはFBA出品者わんさかな状態の時

あります。

 

賛否両論ありますが、

足並みそろえず一人だけ突出して安くすることも一つの手です。

もちろん商品にもよりますが。

 

3980円で10名出品している人がいたら、

3979円ではなく、

一気に

3680円程度まで下げてしまいます。

 

単独最安値です。

 

大抵皆さん追いかけてきます。

こちらの在庫数が1個とかでしたら、

売れるまで待とうという人も多いかもしれません。

 

ですが、3個以上持っていると、大抵追いかけてきます。

 

その場合、

更に極端に安くします。

 

それを繰り返すと、

商品全体に凄まじい価格崩壊が起きます・・・

 

そこで、

 

 

一気に価格を上げます(笑)

安いとたくさん売れます。3980円で1日3個売れていたものが、

2980円だと10個売れたりします。

 

そうすると、競合がいなくなり、

適正な価格に戻るのが早くなります。

 

そううまくはいきませんが、

売れない商品をいつまでも抱えていることは、

オススメできません。

 

常にスピードを意識しながら、商品を回していきましょう。

 

 

追伸

利益率20% 利益額1000円 1日1個売れる商品

利益率30% 利益額3000円 5日で1個売れる商品

 

言うまでもなく、前者は月間30個 3万円の利益。

後者は、月間6個 18000円の利益です。

 

ですが、もう少し安くすれば即売れるのに、

安くしない出品者は結構います。

 

最安値の出品者価格だからと言って、

安心しないでください。

 

ビジネスレポートでユニットセッション率などをチェックしながら、

適正な価格かどうかの判断をしましょう。

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :