アマゾンの価格の波を体感する

アマゾン輸入を実践し、もうすぐ9ヵ月になります。

まだまだ未熟ですが、最近大切なことがわかってきました。

価格の波です。

まぁ以前よりわかってはおりましたが、

ここ最近は、大分無駄な赤字が減ってきましたね。

 

日本のアマゾンの価格は、アメリカのアマゾンの価格と連動することが多いです。

100ドルで販売されているものが、急に10ドルになりましたら、

日本の価格も急落します。

 

そして、逆に100ドルの商品が300ドルに値上がりしましたら、

日本の価格も上昇します。

 

日本アマゾンだけでの価格調整ではなく、

仕入れる場所(大抵がアマゾンのアメリカ)における価格状況も考慮

したほうがいいですね。

※アマゾンのアメリカに売っている商品という前提ですよ。

 

カートを取得するために、

無闇に値下げしておりましたが、アメリカの価格が

上がっているのであれば、追加する人が減りますので、

あまり下げる必要もないかと思います。

 

これを繰り返していくと、

ある程度の商品の販売価格と仕入れ価格がつかめてきます。

キャメルキャメルキャメルに登録することも必要ですが、

慣れると覚えてしまいます。

 

やはりたくさん商品を仕入れて、

たくさん売っていく経験を積んでいくことが必要ですね。

 

ちなみにここ最近の利益率ですが、

22%程度を推移しております。

 

売上はさほど伸びておりませんが、

利益額は急激に伸びている状況です。

 

 

それと、

輸入転売に対する最近の僕の考えです。

卸交渉(直接取引)やアマゾン・ebay以外の中小ネットショップからの

仕入についてですが、実績がほとんど上がっていないのに、

取り組む人がいますが、順序が違うのではないかと・・・

 

月の利益が2,3万円の段階で、セラーに直接取引を積極的に

持ちかける人がおりますが、もう少し先でも良いのかな?と思います。

 

やるべきことは山ほどあります。

そのレベルの段階では、他にするべきことがあるはずです。

もちろん、凄く良いセラーが見つかって、

激安仕入れ商品が発掘できる可能性もありますが、

その可能性もある程度の土台が出来てからの方が見つけやすいです。

 

まぁ正解はないですし、

僕の言っていることが全て正しいとは思いませんけどね。

 

結構色々な輸入転売のブログを見ておりますが、

「え~」って思うことが多々あります。

(僕も思われているかもしれませんが・・・)

 

月に20万円程度であれば、

特に難しいことしなくても簡単に稼げます。

(時間さえかければという前提ですが・・・)

 

まずはやるべきことをやりましょう。

 

追伸

専業で輸入転売をやっておりますと、

どのくらいの稼ぎがあれば、生活できますか?

という質問を多く受けます。

よく言われている月収30万円(月30万円)ですが、

全く足りません・・・

独身だったら可能かもしれないですが。

 

ざっくりですが、

国民健康保険、国民年金で月5万~7万円は必要です。

(前年の収入にもよりますが、一般的なサラリーマンが起業した場合)

また利益=現金が増えるという訳ではありません。

最低でも月利40万円。できれば50万円ですね。

これを維持できないようでは、ちょっと苦しいです。

参考までに・・・・

 

 

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :