アマゾンでの価格戦略 おすすめできない僕流とは!?

アマゾンの価格戦略について。

僕の場合、かなり特殊な考え方を持っております。

 

最安値で仕入れた商品に関しては・・・

 

他にセラーがいる場合・・・

ガンガン安く売る!!!

赤字でも良い!!!

 

という考えです。

 

絶対におすすめできません(笑)

 

僕の場合、赤字であっても、リピート仕入れします。

高く売れる商品であっても、安く売ります。

(最安値で仕入れている自信がある商品に限ります)

 

一部の高利益率商品があるので、

赤字商品や低利益率の商品があっても良い考えです。

 

 

繰り返し言いますが、

絶対におすすめできません(笑)

 

 

今にはじまった考えではなく、

2013年頃からこの考えは変わりません。

 

 

「高値でも売れるのに、

 まじこのセラー何で安く売るんだよ!」

 

「足並み揃えて、同じ価格で売ればいいじゃん!」

 

 

と思うかもしれませんが、

足並み揃える!!??

 

意味不明です。

 

アマゾンは、カートを取っていなければ、

出品していないも同然。

 

カート取得に命を懸ける!

 

は言い過ぎですが、このくらい価格を下げることが好きですね。

 

異論、反論大いにあると思いますが、

カートが取れなくて、

なかなか売れないのであれば、

ガンガン値段下げて、

単独最安値にすればいいだけ。

 

他セラーが追従してきたならば、

限界まで下げて、

それでも複数セラーが最安値ゾーンにいるようならば、

そこで一気に上げちゃえばいいじゃんと思います。

 

 

反論もあると思いますし、

価格競争は嫌いな人が多いと思いますが、

僕は価格競争のトリガーを一番最初に引くのが好きなタイプです。

 

 

何度も言いますが、

おすすめしませんよ。

 

僕の場合、

高利益率な商品があるからこそ、

低利益率な商品や赤字商品もカバーできます。

 

ただ・・・1つだけ言えるのは、

価格調整はアマゾンでもかなり重要な業務の一つです。

プライスターに任せきりでは、ダメですよ!

 

僕はプライスターをしばらく前に解約したのですが、

契約していた当時も、3割~4割はプライスターに任せて、

後は全て手動でやっておりました。

 

 

特に・・・

これから年末にかけて、

価格調整は超重要です。

 

12月の売上の1割は変わってきますので、

いい加減にやらないで、

しっかり考えてやりましょ。

 

 

ブログランキングに参加しております。

良かったら、ポチっとお願いします。

 

 

【編集後記】

新しく買ったシャンプーが超良いです。

朝起きて、妻から

「臭い」

と言われていたのですが(泣)、

それが一切なくなりました!!!

 

40代中年に多いのが首から匂うミドル脂臭というやつです。

加齢臭と思いきや、これのせいでした。

 

専用のシャンプーに変えたところ、

一気に臭いがなくなりました!!!!

 

たぶんドラッグストアに売ってますので、

ミドル脂臭対策のシャンプーおすすめです。

 

 

【お知らせ】

トータルPDF300ページ以上のプレゼント

・つちやじゅん独立起業物語

・輸入ビジネス失敗実例

・過去取り扱いアイテム例

 

そして・・・

4,980円で販売していた 貿易関連の大作教材

「ミリオングッズプランニング」

を加えた4種のレポートを無償で プレゼント

教材希望の方は、下記よりメルマガ登録ください。

土屋じゅんのメルマガへ登録する

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :