アマゾン 在庫と資金について

アマゾン輸入を実践しておりますと、資金繰りは常に念頭において

おかないとエライことになります。

僕がヤフオクが好きな点の一つに管理がとてもシンプルで、

楽な点が挙げられます。

それと、アマゾン程の低単価商品はないので、

在庫管理も楽チンです。

 

ところが・・・

アマゾンの在庫管理は結構面倒です。

 

というか、実践して2,3ヶ月の間は、何も考えずにやっておりました。

 

そして、売上-仕入れ・経費=利益という計算において、

利益は出ているものの、お金が残らない事態に陥りました。

 

なぜか? 

色々考えてみたところ、売上に対する在庫量が多く、

支払がきつかったためです。

 

つまり、商品回転率が悪かったみたいです。

物販では、在庫をいかに回転させるかが重要です。

 

売上が100万円あり、利益も20万出ている。

けれども、

カードの支払が100万円以上あり、お金が残らない・・・

 

こういった事例はよくあります。

 

商品回転率を良くすることを考えてみましょう。

計算式ですが、

商品回転率=売上げ÷平均在庫

平均在庫の計算方法は、

月初と月末の在庫を足して、2で割ればよいと思います。

 

個人的には、この数字が0.8以上を目標としています。

100万円の売上の場合、在庫が125万円くらいですね。

一番悪かった時で、0.55くらいでした(-_-)

売上が100万円程度なのに在庫が180万円近くあるイメージです。

 

この数字を上げる為ですが、

◆滞留在庫を適切に損切すること

各月に仕入れた商品の現状在庫残を正確に調べます。

そこで、ある程度の期間を経過している商品は競合の有無・価格関係なく、

原価程度(赤字にならない程度)に下げてしまいます。

僕の目安としては、購入後2ヵ月経過した商品です。

 

◆大量ロットの仕入れはしない

過去20個単位で購入した経験はありますが、うまくいった試しがないです。

特にamazon.comから仕入れた場合、誰でも買えるので、本当に危険です。

多くて10個。出来れば、5個程度にしておきます。

直接取引等で凄い売れている商品を仕入れるのであれば、良いかもしれませんが、

それでも販売先がアマゾン・ヤフオクだけなのに、20個以上仕入れるのは少し

危険な気がします。

 

◆なるべく1ヵ月で売れるような商品を仕入れる。

これはランキングアップやFBA出品者の数等も考慮しますが、

ある程度は勘です(笑)

 

尚、これは僕のように小資金(むしろ資金ゼロ)の状態の人に言えることです。

100万円、200万円程度の資金を準備してスタートした人は、逆にその点を活かし、

ある程度の在庫保管を念頭に置き、低利での損切をしないようにすることが

ポイントではないでしょうか?

とはいっても、資金に応じた損切は必要かと思いますので、

ご自身の懐事情と相談してみてください。

 

尚、あくまでも僕の個人的な主観です。

人によっては、目標とする回転率も違ってきます。

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ:   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :