せどり メーカー規制強化と並行輸入への影響

年末から、せどらーさん達の話題の一つ 2018年からのメーカー規制の強化。

仕入れたはいいけれど、売れなきゃ意味ないですからね。

 

家電メーカーを中心に、

販売許可を貰っている業者以外は、

アマゾンで販売することができなくなる

と噂されております。

 

単なる噂で終わればいいですが、

本決まりになったら、

在庫がやばいですから、

大手メーカー系製品を扱っている方は、

情報収集のアンテナ伸ばしておいた方が良いですね。

 

 

並行輸入に関しての影響ですが、

僕は逆に小売仕入れのセラーさんは、

そこまで心配する必要はないと思ってます。

(あくまでも個人的意見です)

 

小売り仕入れの特徴は、

小ロット多品種の展開

です。

 

仮に1つのメーカー品が扱えなくなったとしても、

そこまで大きな損失にはならないんじゃないかな。

 

 

逆に心配なのが、

大手メーカー品の卸仕入れです。

 

並行輸入品ジャンルに関しては、

メーカー規制の範囲から外れるのか?

それとも正規品同様に規制対象となるのか?

 

なかなか難しいところですね。

 

casioとかメーカー規制の対象と言われておりますが、

卸仕入れをしている人も多いですよね。。。

 

さてさて2018年はどうなることやら。

 

 

以前も言いましたが、

少なくとも並行輸入品を正規品ページに出すのは止めた方が良いと思います。

 

 

 

それと・・・

個人的には、仕入れ先を絞るよりは、

幅広く仕入れ商品を横展開した方が、

リスクは小さくなると考えております。

 

アマゾンFBAであれば、

そこまで管理も大変ではありません。

 

一旦強固な関係が構築された取引先があったとしても、

何らかの理由で取り扱いができなくなる可能性もございます。

 

そんな時に破滅的なダメージとならないように、

少しずつでも取引先開拓は推進していった方がいいですね。

 

(僕への言い聞かせ的な意味も含んでおります)

 

 

 

ブログランキングに参加しております。

良かったら、ポチっとお願いします。

 

 

 

【編集後記】

少し風邪っぽいです。

明後日は新年会なので、

今日1日で絶対治すぞ!!!

 

 

 

 

 

【お知らせ】

トータルPDF300ページ以上のプレゼント

・つちやじゅん独立起業物語

・輸入ビジネス失敗実例

・過去取り扱いアイテム例

 

そして・・・

4,980円で販売していた 貿易関連の大作教材

「ミリオングッズプランニング」

を加えた4種のレポートを無償で プレゼント

教材希望の方は、下記よりメルマガ登録ください。

土屋じゅんのメルマガへ登録する

 

 

 

 

 

 

あわせてお読みください

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: アマゾン輸入, 輸入ビジネス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :